BLOG

2022.10.10

アニメーション動画を作るのに必要な費用の相場を解説します!

親しみやすく、柔軟なイメージを与えられるアニメーション動画は、実写のキャスティングや撮影などの手間がかからないため、利用する企業も増えています。

駅や街中で、アニメーション動画の広告を見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。

最近では、YouTubeチャンネルを使ってアニメーション動画で企業アピールを行ったり、アニメーション動画によって商品を説明したりといったことも一般的になりつつあります。

昨今の傾向を踏まえて、アニメーション動画の活用を考えている企業も多いでしょう。

本記事では、アニメーション動画を作るのに必要な費用の相場を解説しつつ、費用を抑えるためのポイントについても解説します。

アニメーション動画の制作について悩んでいる企業は、ぜひ本記事を参考にしてください。

アニメーション動画とは

アニメーション動画とは、編集ソフトなどを使用してイラストや文字に動きを付けた動画のことです。

アニメーション動画は実写動画とは異なり、情報量の多い企業アピールを分かりやすく整理して簡潔に伝えられます。

学校の授業やセミナーにおいても、内容によっては説明を聞くだけより、グラフや図解などの資料があった方が分かりやすいこともあるでしょう。

アニメーション動画でも、それらと同様の効果を生み出すことが可能です。

各種アニメーション動画の制作に必要な費用

こちらでは、下記の4種類のアニメーション動画の制作に必要な費用について解説します。

  • スライドショー型
  • モーショングラフィクス
  • キャラクターアニメーション
  • ホワイトボードアニメーション

それぞれ順番に解説します。

スライドショー型

スライドショー型は、各カットごとの動きを繋いだアニメーション動画を指しており、他のアニメーション動画と比べても簡単に制作できます。

制作期間も約2週間〜1ヶ月程なので、迅速にアニメーション動画を制作しなければならない場合に向いています。

スライドショー型のアニメーション動画では、抽象的な表現を分かりやすく表現することには向いていないものの、写真などを通じてイメージを伝えることに非常に向いており、写真素材などを用意できる場合は非常に便利です。

5万円~で作れるケースもあり、比較的安く抑えたい場合に採用したいアニメーション動画と言えるでしょう。

モーショングラフィクス

モーショングラフィックスは、文字や画像に動きを付けたアニメーション動画のことを指します。

モーショングラフィックスの作成を制作会社に依頼する際は、素材の数や動画の長さによって料金も大きく異なるため、見積もりを含めた制作会社と綿密な打ち合わせをする必要があるでしょう。

モーショングラフィックスの料金相場は約50〜200万円程で、制作期間は約1〜2ヶ月です。

メッセージを伝えやすく、動画の修正もしやすいため企業における動画広告の多くで活用されています。

特に無形商材の抽象的な概念を伝えたいときなどは、モーショングラフィックスが非常に向いているでしょう。

キャラクターアニメーション

キャラクターアニメーションは、動画のなかにキャラクターを登場させて会話やキャラクターの動きを見せることであり、視聴者に親近感を与えて内容をイメージさせやすくすることを目的としたアニメーション動画です。

企業の広告動画に有名人を起用した場合、トレンドが過ぎてしまうと広告動画を長く使うことが難しくなってしまいます。

その点、キャラクターアニメーションにトレンドはないため、他企業との差別化も図りやすく、実際に多くの企業で活用されています。

特に堅苦しい宣伝になりがちな、toB系商材や金融系商材の魅力を伝える場合は、キャラクターアニメーションを使うことがおすすめです。

なお、キャラクターアニメーションの料金相場は約50〜100万円程であり、オリジナルキャラクターを制作する場合は、約10〜30万円の費用が必要になるでしょう。

ホワイトボードアニメーション

ホワイトボードアニメーションは、ホワイトボードに手書きで絵や文字を書いて、企業の商品やサービスを紹介していく方法のアニメーション動画です。

企業における事業やサービスを、ストーリーを交えて紹介できます。

手書きと聞くと簡単に聞こえるかもしれませんが、中途半端な絵や文字だとアニメーション動画の効果を発揮できません。

しかし、制作会社に依頼することでイラストのクオリティを上げたり、凝った内容のストーリーで制作できます。

ホワイトボードアニメーションの料金相場は、約50〜100万円程で制作期間は約1ヶ月〜1ヶ月半程です。

しかし、この料金相場は、アニメーション動画制作費用のみになるため、キャラクター等を登場させる場合には追加で費用が発生する点を留意しておきましょう。

アニメーション動画の制作における注意点

アニメーション動画の制作における注意点として、下記の2点が挙げられます

  • イラストなどの著作権を確認する
  • 納期にゆとりを持たせる

それぞれ順番に解説します。

イラストなどの著作権を確認する

アニメーション動画の制作においては、イラストなどの著作権の確認が重要です。

イラストについては使用する用途によって、著作権や使用権が細かく設定されていることが多いため注意が必要です。

どのような目的でイラストを使用するのか、二次利用は可能なのかなどについて事前に確認しておくことを推奨します。

また、イラストのカラーを変更して他のアニメーション動画でも利用したり、グッズ化したりする場合には、イラストを制作したイラストレーターに対して、追加料金が発生するケースもあります。

納期にゆとりを持たせる

アニメーション動画の制作においては、納期にゆとりを持たせるのも大切です。

アニメーション動画の納品日を決めておかないと、動画の公開予定日に間に合わないなどといったリスクが発生します。

細かな部分までオーダーメイドで制作して、ナレーション等も入れるアニメーション動画だと、制作に数ヶ月以上かかってしまうケースもあります。

また、制作がスムーズに進んだとしても、アニメーション動画に関しては修正が多く発生することがほとんどです。

そのため、修正が発生することを想定して余裕を持って納期にゆとりを持たせるようにしましょう。

アニメーション動画の費用を抑えるためのポイント

アニメーション動画の費用を抑えるためのポイントは、主に下記の2点です。

  • 最低限の尺にする
  • 一部の工程を自社で行う

それぞれ順番に解説します。

最低限の尺にする

費用を抑えるためには、アニメーション動画の尺を最低限にしましょう。

動画の尺が長くなればなるほど、動画の制作や編集にかかる手間や時間も増えてコストもかかります。

予算を抑えたい場合は、ナレーション等の挿入も最小限にして、無駄のないアニメーション動画にすることを推奨します。

なお、アニメーション動画の尺を約60〜90秒を基準に考えることで、簡潔で視聴者に伝わりやすい動画になるため、効率良く費用を抑えられるでしょう。

一部の工程を自社で行う

アニメーション動画の費用を抑えるために、一部の工程を自社で行うのも一つの方法です。

アニメーション動画制作のすべてを制作会社に依頼してしまうと、それだけ費用がかかってしまいます。

アニメーション動画のコンセプトや構成、撮影や動画編集の一部の工程を自社で行うだけでも費用を抑えることが可能です。

自社にこれらの作業を得意とする人材がいる場合は、積極的に作業を内製するようにしましょう。

アニメーション動画は費用対効果を考えて発注しましょう

本記事では、アニメーション動画を作るのに必要な費用の相場を解説するとともに、費用を抑えるためのポイントについても紹介しました。

アニメーション動画を利用することにより、文章のみで説明するよりも明確に分かりやすく企業の商品やサービスを紹介できます。

しかし、アニメーション動画の制作には多くの費用が必要となるため、予算を考慮しながら企画を考えることが大切です。

できる限り費用を抑えてクオリティを担保しつつ、理想の企業アピールを行えるアニメーション動画を制作できるように、制作会社と綿密な打ち合わせのもと、制作を進めましょう。

ぜひ本記事を参考に、アニメーション動画の費用感について把握するとともに、費用対効果を考えたアニメーション動画制作の発注を行ってみてはいかがでしょうか。

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram