BLOG

2022.6.30

大阪でライブ配信代行のご依頼なら株式会社CapWorks

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

ライブ配信をやりたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、複数の人が参加するライブ配信の場合、手順ややり方が分からないという方は多いでしょう。

そのような場合は、ライブ配信代行サービスがおすすめです。

ライブ配信代行サービスを利用すると、安定した配信はもちろん、場合によっては会場の調査や企画の制作も行ってくれます。

そこで本記事では、ライブ配信代行サービスも行っている弊社が、ライブ配信代行サービスの特徴から料金について解説します。

これからライブ配信を行いたいと考えている方はぜひ、参考にしてみてください。

»CapWorksのオンライン配信サービス

CapWorksのライブ配信代行サービスの特徴

CapWorksのオンライン配信代行サービスの特徴

まずは、ライブ配信代行サービスの特徴について解説します。ライブ配信代行サービスの特徴は下記の3つです。

  • 複数のカメラ・マイク・モニターなどの機材を駆使して生配信
  • 資料やテロップを表示しながら配信可能
  • シミュレーション・リハーサルで安全の進行

それぞれ順番にご説明します。

複数のカメラ・マイク・モニターなどの機材を駆使して生配信

複数のカメラの表示を切り替える機械を使用して、ライブ配信中にカメラの表示を切り替えることができます。

たとえば、司会進行の方と実際に事業内容などを説明する方が違う場合は多いでしょう。

そのような場合に、複数のカメラやマイクがあることで、配信者を瞬時に切り替えることができます。

資料やテロップを表示しながら配信可能

事前に用意していただいたパワーポイントなどの資料や情報を画面上に映して配信できます。また、テロップなども表示できるため、視聴者がより見やすい配信に仕上げることが可能です。

シミュレーション・リハーサルで安全の進行

配信中にトラブルが起こらないように入念にセッティングし、専門スタッフが進行します。

本番前には出演者さまへのご説明も兼ねてリハーサルを行うこともあります。また、ご希望があればフロアディレクターやアシスタントなどがタイムキープや進行のサポートも行います。

ライブ配信を依頼するメリット3つ

ライブ配信を依頼するメリット3つ

ライブ配信を依頼するメリットは、下記の3つです。

  • コスト削減できる
  • 記録として残せる
  • 全国各地の方に見てもらえる

それぞれ順番にご説明します。

コスト削減できる

まず1つ目のメリットは、コストを削減できる点です。

たとえば、全国各地から1つの場所に集まる必要がある場合でも、ライブ配信を行うことで集まる必要が無くなり、移動費や宿泊費などの経費を大幅にカットできます。

また、移動に使っていた時間を別の業務に充てれば、生産性のアップも狙えるでしょう。

記録として残せる

ライブ配信映像は記録として保存できるため、参考資料として残しておけます。

また、ライブやコンサートであれば、映像として販売できるため、2次利用できます。

全国各地の方に見てもらえる

ライブ配信であれば、どこからでも視聴できるため、全国各地の方に見てもらえます。

また、高齢者など、普段なかなか遠出しないような方にもアピールできます。

ライブ配信を活用できるシーン

ライブ配信を活用できるシーン

ライブ配信は、さまざまな場面で活用できます。具体的には、下記の通りです。

  • イベント
  • セミナー
  • 記念式典
  • 入学式・卒業式
  • 企業報告会
  • 会議
  • 人材採用関連
  • ライブコマース
  • 発表会

上記の他にもさまざまな場面で活用できます。

ご要望に応じて柔軟に対応可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。
»お問い合わせはこちら

ライブ配信代行サービスの料金相場

CapWorksのオンライン配信代行サービスの料金

ライブ配信代行サービスの料金相場は、最小限の配信で6万円〜15万円ほどです。

2台のカメラを使用するプランの場合は、20万円以上かかるケースが多いです。

基本的に使用する機材の数や人件費、交通費、オプションなどによって料金が決まってきます。

CapWorksのライブ配信代行サービスの料金

弊社のライブ配信代行サービスの料金表になります。

CapWorksのオンライン配信代行サービスの料金

先述の通り、ライブ配信の規模や内容等により、料金が異なります。正確な料金に関しては、お見積もりの際にご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。
»CapWorksお問い合わせ

CapWorksのライブ配信代行サービスの実績

CapWorksのオンライン配信代行サービスの実績

弊社が担当させていただいたライブ配信の動画をいくつかご紹介いたします。

和歌山知事様

和歌山県知事がコロナ対策に取り組んでいる内容や考え方など分かりやすく説明。
視聴者がコロナに対しより危機感を持ち理解していただけるよう意識し制作しました。
構成・撮影・配信まで一貫して行いました。

DENIMS様

大阪府堺市出身の4人組バンドDENIMSのオンラインライブ配信。
構成・撮影・配信まで一貫して行いました。

ライブ配信会社を比較する際のポイント

ライブ配信会社を比較する際のポイント

ライブ配信会社を比較する際は、下記の3つのポイントで比較すると良いでしょう。

  • ライブ配信の実績
  • 対応可能なライブ配信プラットフォーム
  • カメラ・スタッフの数

当たり前ですが、基本的にライブ配信の実績がある会社の方が、安心感がありますし、トラブル対応も迅速です。

ライブ配信会社によっては、zoomでの配信のみに対応しているなど、配信可能なプラットフォームが決まっている場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

ライブ配信料金は、カメラやスタッフの数で決まります。

そのため、事前にカメラやスタッフの数を確認しておきましょう。

ライブ配信代行サービスを利用する流れ

ライブ配信代行サービスを利用する流れ

ライブ配信代行サービスは、下記の流れで利用できます。

  • お問い合わせ
  • 見積もり作成
  • 現地調査
  • リハーサル・本番

見積もりを作成する際に、規模や場所、配信プラットフォームなどを聞かれ、それによって見積もり金額が提示されます。

現地調査に関しては、ある場合と無い場合があるため、事前に確認しておきましょう。

最後に:ライブ配信代行はCapWorksにお任せください

本記事では、ライブ配信代行サービスについてご紹介しました。

ライブ配信代行サービスを利用することで、ライブ配信を行うためにカメラや設備を整える必要が無くなり、配信内容のみにしっかり集中できるようになります。

特に、近年ではリモートワークの促進によりライブ配信のニーズが高まっています。

ライブ配信をお考えの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
»お問い合わせはこちら

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram