BLOG

2021.12.11

いまさら聞けない!Vtuberとは何者?仕組みなどについて解説!

Youtuberは今では「小学生の将来なりたい職業」の上位にランクインするほどになりましたが、Vtuberのことはご存知でしょうか?
VtuberはYoutuberと同じくYouTubeにおいて、2017年頃から注目を集めている存在です。

今回は、いまさら人に聞けないVtuberについて紹介します。

Vtuberとは一体何?

Vtuberとは、日本発祥であるバーチャルユーチューバー(Virtual Youtuber)の略称です。

コンピュータグラフィックスのキャラクターやアバターを使い、YouTuberとして動画投稿などの活動をしている人たちのことを指します。

CGのキャラクターを駆使してダンスやゲーム、ライブ配信などが行われ、Youtuberのように本人が顔や姿を出して活動することはありません。

キャラクターがまるで人間のように動画配信を行うVtuberは、2017年頃から話題になり始め、現在は海外からも注目されています。

Vtuberとアニメの違い

Vtuberとアニメの違い

Vtuberとアニメには、中で人が演じているかどうかに違いがあります。

アニメは何枚も描かれた絵をつなぎ合わせて完成した動画に声優が声を入れますが、Vtuberは動いている人間が軸になってキャラクターが動きます。

Vtuberのキャラクターは人間の動きを基にしているので、アニメのキャラクターよりもリアルな人間らしい動きが表現できるところが大きな魅力になっています。

Vtuberが動く仕組みとは?

Vtuberが動く仕組みとは?

Vtuberは主にキャラクターの外観を制作する3DCG、人間の動きを反映させるモーションキャプチャなどの技術によって作り出されています。

CGキャラクターをデザインするときは、個人で作ると制作コストがかかるので、基本的にFaceRigLive2Dなどの専用ソフトが利用されています。

キャラクターが完成したら、Webカメラやヘッドセットなどを使って人間の動きや表情をデジタル化させ、キャラクターに反映させる仕組みになっています。

キャラクターの声は、Vtuberの中の人がモーションキャプチャで動きを作りながら自分の声を当てていることが多いですが、中にはソフトを使って声を変えている人もいます。

こちらのサイトに手軽にVtuberを始められるツールがまとめられているので、興味がある方は参考にしてみてくださいね。
https://www.moguravr.com/vtuber-tools/

Vtuberの種類

Vtuberの種類

Vtuberには、2Dモデルと3Dモデルの2つの種類があります。

2Dモデル

2Dモデルとは、イラストを加工してアニメーションをつけたアバターのことです。

描いたイラストに動きをつけることができます。

ただし、2Dモデルのため、アバターが真横を向いたり、後ろを向いたりといったことをさせるのは難しいといった特徴があります。

ただし、一般的に3DモデルのVtuberよりは費用が抑えられるため、手軽に始めたいという方は2DモデルのVtuberがおすすめです。

3Dモデル

3Dモデルは2Dモデルと違い、アバターを立体的に動かすことができます。

立体的に動かせるため、アバターの動作や仕草をより人間に近い動きににさせることが可能です。

基本的に2Dモデルより費用がかかりますが、視聴している人により親近感を持たれやすいのは3DモデルのVtuberと言えるでしょう。

Vtuberが注目される理由

Vtuberが注目される理由の一つには、身バレの可能性が低く安全性が高いことが挙げられるでしょう。

Vtuberとして活動する上で、個人的な素性を明かすのは声くらいです。

声だけで個人を特定される可能性はほとんどないので、私生活でスキャンダルなどを起こしてイメージダウンする心配もありません。

リスクが少ないのでVtuberも安心して活動できる上に、世間に与えるイメージが大切な企業としてもイメージキャラクターに使いやすいというメリットがあります。

気になるVtuberの収益は?

気になるVtuberの収益は?

Vtuberに限らず、YouTubeで収益を得るためにはいくつか条件があります。

・チャンネル登録者数1000人以上
・直近12ヶ月の総再生時間4000時間以上
・広告掲載に適したコンテンツか
・18歳以上

以上の条件を満たすことで、広告収入を得ることができます。

条件を満たした上で動画の再生回数によっても異なりますが、YouTubeでは1回の再生で約0.05~0.1円の収益が得られる仕組みになっています。また、Vtuberの中には生配信中の投げ銭システムや、グッズ販売などによって動画再生回数以外にも収益を得ている人もいます。

人気Vtuberをピックアップ

人気Vtuberをピックアップ

Vtuberは1万人を突破したと言われており、その数は現在も増え続けています。その中でも、特にファンの数が多い人気のVtuberをピックアップして紹介したいと思います。

キズナアイ

「世界初のバーチャルYoutuber」を自称するキズナアイは、まさにVtuberの先駆け的な存在です。

2017年に韓国などで話題になり、その後日本でも注目されるようになりました。

YouTubeでは「A.I.Channel」「A.I.Games」を運営しており、2020年6月現在のチャンネル登録者数は2つ合わせて423万人、総視聴回数は4.5億回を突破している大物Vtuberです。

キズナアイは、ローソンとのコラボでも話題になりました。

輝夜月

輝夜月(かぐやるな)は、キズナアイに次ぐチャンネル登録者数を誇る人気Vtuberです。

ハイテンションで独特なマシンガントークと、銀髪のツインテールがトレードマークです。

アーティストとしてワンマンライブを開催したり、日清食品のどん兵衛や焼きそばU.F.O.の広告に抜擢されたりと、Vtuberの枠を超えて幅広く活動しています。

ミライアカリ

初音ミクのキャラクターデザイナーによってデザインされたミライアカリは、金髪に青いリボンが特徴的な可愛いキャラクターです。

明るくサービス精神旺盛な性格も人気で、見た目とのギャップがさらにファンの心を掴んでいます。

趣味はエゴサーチで、エゴサの姫を自称しています。

電波少女シロ

電波少女シロは、おっとりした甘い声が特徴のVtuberです。

ゲーム実況や話題のアプリを使ってみた動画、英会話などの教材系の動画も配信しています。

可愛らしい雰囲気なのに奇抜な発言をしたり、ゲーム実況で容赦ない攻撃を繰り広げたりするギャップも魅力の一つになっています。

まとめ

本記事ではVtuberについて解説しました。

Vtuberは今や企業のCMに出演するなど、支持や人気も大きくなってきています。

サブカルチャーの発信地である日本から、今後もVtuberは全世界に広がっていくことが予想されます。

Vtuberに興味がある方は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Vtuberの始め方については、Vtuberの始め方手順5つとメリット・デメリットについて解説!で解説しているため、合わせてご覧ください。

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram