BLOG

2020.6.1

動画におけるキャッチコピーの重要性とは?

  • DATE
    2020.6.1
  • LOCATION
  • TYPE

サービスや商品を売り込む時に、顧客やユーザーの心を掴むキャッチコピーはとても重要な役割を果たします。動画においても効果的なキャッチコピーを加えることで、動画の内容がさらに分かりやすくなり、視聴者の印象にも残りやすくなる効果などが期待できます。

この記事ではキャッチコピーの基礎知識から動画におけるキャッチコピーの重要性魅力的なキャッチコピー作りのヒントまで紹介します。

キャッチコピーとは?

キャッチコピーとはサービスや商品などを宣伝する際に用いられる文章のことで、長さは1文程度のものから数行になるものまで様々です。キャッチコピーは広告や宣伝において、サービスや商品の印象や売れ行きを左右すると言っても過言ではないため、とても重要視されています。

特に多くの情報が飛び交う現代では、端的にサービスや商品の良い部分が伝えられるキャッチコピーは時代に合ったマーケティングだと言えるでしょう。近年では、広告をキャッチコピーだけで完結させているものも見られるようになってきました。

ちなみにですが、キャッチコピーという言葉は和製英語です。英語ではSlogan、Tagline、headlineなどと呼ばれることが多いです。

キャッチコピーとキャッチフレーズの違い

キャッチコピーと似た言葉に、キャッチフレーズという言葉があります。どちらも広告や宣伝に使われ、短い文章で端的に表現する点でよく似ていますが、実は微妙に意味合いが異なることをご存知ですか?

簡単に言うと「キャッチコピー」は宣伝を目的として使われる言葉です。一方「キャッチフレーズ」は宣伝以外にも使われる言葉を指します。

キャッチコピーの例としては「遊べる軽(スズキ)」「丸くなるな、星になれ(サッポロビール)」などが挙げられます。宣伝に限定したもので、顧客や消費者に向けた言葉が多く見られます。

キャッチフレーズの例には「駅前留学(NOVA)」などがあり、覚えやすさを重視したものが多く、購買意欲を促進するのではなく広く発信することを目的としています。

なぜ動画でキャッチコピーが重要なのか?


動画内でキャッチコピーを使うことをそこまで重要視していない人もいるかもしれませんが、あなどってはいけません。映像クオリティとインパクトのあるキャッチフレーズを組み合わせることで、人々の心により強い印象を残すことが可能になります。

キャッチコピーがユーザーにハマれば、競合している相手との差別化を図ることができるでしょう。またキャッチコピーをつけたものだけではなく、他のサービスや商品を選択する時に「名前を聞いたことがある」「この会社の他の商品を知っている」ということから親しみやすさがあるので、手に取ってもらいやすくなる効果も期待できます。

さらにSNSが発達している現代においては、優れたキャッチコピーや動画広告などが拡散されることも多いです。SNS上で話題になれば多くの人に知ってもらえる絶好の機会になるでしょう。個人間でシェアされることに費用は発生しないので、企業としても宣伝費用のコストカットにつながるかもしれません。

心を惹きつけるキャッチコピーの作り方


最後に初心者でもユーザーのハートをキャッチできる、キャッチコピーの作り方を紹介します。「言葉が全然浮かんでこない…」という人は、大手企業の有名キャッチコピーからイメージを膨らませてみるのもいいかもしれませんね。
https://mtame.jp/column/catch_copy_40/(外部リンク)

ターゲットをはっきりさせる

全ての人から親しまれるキャッチコピーを作ろうとすると、結果的に誰の心にも刺さらないものになってしまうでしょう。ターゲットはできるだけ具体的に、明確に設定するようにすることがキャッチコピー作りの大前提です。

数字を効果的に使う

「TOEICで〇点アップさせる!」「一日〇個売れている!」などの数字を入れることで、キャッチコピーを見た人は商品やサービスのことをより具体的にイメージすることができるようになります。数字を入れることでリアルさを引き出し、ターゲットの目を引き付けられるキャッチコピーに一歩近づくでしょう。また期間や数量を限定するのも、消費者の心をくすぐる手段として有効です。

ターゲットの悩みや不満にアプローチする

消費者の気持ちになって悩みや不満、不便さを考えてキャッチフレーズに取り入れてみましょう。驚きや期待を伝えたい気持ちが強すぎて商品やサービスをアピールしすぎたり、消費者の恐怖心を煽るようなネガティブな表現を使いすぎたりすると胡散臭くなるので要注意です。ターゲットの立場になって考えることで、消費者の心に届くメッセージになるでしょう。

好奇心をくすぐる

「あなたは知っていますか?」など問いかけるキャッチコピーは、消費者の「知りたい!」という知的好奇心をくすぐることができるでしょう。また今までの常識や思い込みをくつがえすような表現も好奇心が刺激されます。事実とは異なる大げさな表現はNGですが、上手く取り入れてワクワクするようなキャッチフレーズを目指しましょう。


短い文章の中に、売り込みたい部分や印象に残るインパクトを加えて作るキャッチコピー作りは想像以上に難しいものです。しかしキャッチコピーはサービスや商品の顔とも言えるので、妥協せずに作り込みましょう。動画で伝えたいこととキャッチコピーがマッチすることで、人々の心に刺さる作品が出来上がるはずですよ。

月別アーカイブ

Contact

お電話でのお問い合わせ

【受付時間】10:00~19:00
【定休日】月・木

06-6606-9889

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

Instagram