BLOG

2022.8.9

映像制作会社の選び方のポイント5つと依頼前に決めるべきことを解説

映像制作会社に映像の制作を依頼しようと考えているのではないでしょうか。

しかし、どのように依頼先を選べばよいか分からないという方は多いでしょう。

そこで本記事では、映像制作会社の選び方や依頼する前に決めておくべきことについて解説しました。

これから映像制作会社に依頼しようと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

映像制作会社の選び方5つ【比較ポイント】

映像制作会社の選び方5つ【比較ポイント】

映像制作会社の選ぶ際には、5つのポイントがあります。下記の通りです。

  • ①映像制作の実績が豊富か
  • ②どの分野が得意な映像制作会社か
  • ③提案力・企画力があるか
  • ④担当者との相性は合いそうか
  • ⑤動画SEOなどの知識はあるか

それぞれ順番にご説明します。

①映像制作の実績が豊富か

依頼を検討している映像制作会社の実績を確認しておきましょう。

見るべきポイントとしては、下記の3点です。

  • これまでにどのような映像制作を行ってきたか
  • どのような企業から依頼を受けてきたか
  • 映像制作会社として歴史はどの程度あるか

特に、映像制作会社として歴史がある会社はその分、多くの企業から依頼を受けており、多くのノウハウを持っていると言えます。

そのため、映像制作の実績が豊富かどうかを確認しておきましょう。

②どの分野が得意な映像制作会社か

どの分野が得意な映像制作会社かどうかも確認しておきましょう。

映像には、アニメーションやドキュメンタリー、インタビュー形式やHow To動画など、さまざまな分野があります。

そのため、どのような分野が得意な映像制作会社かを把握しておき、自社が制作を依頼したい映像と得意分野が一致する映像制作会社を選ぶのがおすすめです。

このようにすることで、制作会社の過去の実績からイメージに近い映像を選ぶこともできるため、よりイメージしている映像を制作しやすくなります。

③提案力・企画力があるか

提案力・企画力があるかも確認しておきましょう。

たとえば、制作したい映像のイメージ伝えた際にさまざまな提案をしてくれる場合は、提案力・企画力がある映像制作会社と言えます。

提案力や企画力がある方が、それだけイメージに近い映像に近づきやすいので、さまざまな提案をしてくれる制作会社を選びましょう。

④担当者との相性は合いそうか

担当者との相性も確認しておきましょう。

映像を制作する場合、映像が完成するまで担当者の方とさまざまなやりとりを行っていくことになります。

相性が悪い担当者の場合、やりとり自体がストレスになってしまうため、良い映像はできにくいでしょう。

そのため、事前に担当者との相性はチェックしておきましょう。

⑤動画SEOなどの知識はあるか

動画SEOなどの知識があるかどうかも確認しておきましょう。

特に、制作した映像で自社の認知度を上げたい場合や商品・サービスの魅力を多くの人に伝えたい場合は、マーケティング力が重要です。

そのため、映像制作会社に動画SEOなどの知識があるかどうかも確認しておきましょう。

映像制作会社を選ぶ前に決めておくべきこと

映像制作会社を選ぶ前に決めておくべきこと

これまで映像制作会社の選び方のポイントについて解説しました。

ここでは、映像制作会社を選ぶ前に決めておくべきことについて解説します。下記の通りです。

  • 映像制作の目的を明確にする
  • ターゲットを決める
  • 予算を明確にする
  • 納期を明確にする

それぞれ順番に解説します。

映像制作の目的を明確にする

まずは映像制作の目的を明確にしておきましょう。

一言で映像制作と言っても、その目的はさまざまなはずです。

  • 商品・サービスPR
  • 会社紹介
  • 認知度アップ
  • 研修用動画

目的によって映像制作の方向性や制作方法が変わってくるため、事前に目的を明確にしておきましょう。

ターゲットを決める

映像を見てほしいターゲットを決めておきましょう。

なぜなら、ターゲットによってどのような映像を制作すれば良いかが変わってくるからです。

たとえば、20代の方に向けた映像と60代の方に向けた映像は大きく異なります。

そのため、ターゲットを決めておくことで、より訴求力の高い映像を制作できます。

予算を明確にする

映像制作を依頼する前に、予算も明確にしておきましょう。

映像制作に充てられる予算を決めておけば、映像制作会社に依頼しやすくなるだけでなく、追加費用が発生した際も交渉しやすくなります。

予算を決める際は、映像制作にかかる相場をリサーチし、予算を決めておきましょう。

納期を明確にする

納期を明確にしておきましょう。

納期を明確にしておくことで、そこまでに納品できない映像制作会社は、選択肢から外すことができます。

映像制作会社や制作したい映像によっても異なりますが、基本的に1本の映像を制作するのに2〜3ヶ月ほどかかります。

そのため、2〜3ヶ月ほどかかることを前提に依頼するようにしましょう。

映像制作会社を選ぶ際の注意点3つ

映像制作会社を選ぶ際の注意点3つ

ここでは、映像制作会社を選ぶ際の注意点を3つ解説します。下記の通りです。

  • 簡単な構成案を出してもらう
  • 3社以上見積もりする
  • 追加費用や修正費用を確認する

それぞれ順番に解説します。

簡単な構成案を出してもらう

制作を依頼する前に、簡単な構成案を出してもらうようにしましょう。

ストーリーや動画の長さ、訴求力など、動画全体の流れがイメージできる構成案を出してもらい、どの映像制作会社の費用対効果が高いかを判断します。

提案力や企画力のチェックやどのようなノウハウを持っているかの確認にもつながります。

3社以上見積もりする

見積もりは、3社以上行うようにしましょう。

3社見積もりをとることで、料金が妥当なのか判断しやすくなります。

ただし、見積もりが多すぎると、比較・検討に時間がかかるため、多くても4社程度にすると良いでしょう。

ポイントとしては、同じ条件で見積もりをとってもらい、比較しましょう。

追加費用や修正費用を確認する

追加費用や修正費用について確認しておきましょうい。

映像制作会社によっては、最初の提示料金は安く、制作し始めた段階で、徐々に追加費用を上乗せしていくということもあります。

そのため、事前に追加費用やオプション費用、修正費用がかかるのかどうかを確認しておきましょう。

映像制作に必要な費用相場のチェックも必要

映像制作に必要な費用相場のチェックも必要

映像制作を依頼する際は、費用相場のチェックも必要です。

費用相場を知っておくことで、見積もりをとってもらった際に、その費用が相場より安いのか高いのかの判断材料になります。

そこで、ここでは映像制作の費用相場について解説します。

ジャンルや制作規模によって費用は大きく異なる

制作したい映像のジャンルや制作規模によって費用相場は大きく異なります。

特に、使用する機材が多かったり出演するキャストやスタッフ数が多かったりすると、費用が高くなります。

そのため、自社が制作したい映像がどのジャンルでどの程度の制作規模で良いのかを把握しておきましょう。

費用を抑えたい場合は個人クリエイターへの依頼も考える

動画制作にかけられる予算が少ない場合や、複数社に見積もりしてもらった金額感が予算と合わない場合などは、個人クリエイターへの依頼も考えましょう。

一般的に、映像制作会社よりも個人クリエイターへ依頼した方が費用が抑えられます。

個人クリエイターが運営しているWebサイトやクラウドソーシングサービスを利用して依頼すると良いでしょう。

まとめ:映像制作会社の選び方を理解した上で依頼しましょう

まとめ:映像制作会社の選び方を理解した上で依頼しましょう

本記事では、映像制作会社の選び方について解説しました。

映像制作会社を選ぶ際は、下記のポイントに見ましょう。

  • ①映像制作の実績が豊富か
  • ②どの分野が得意な映像制作会社か
  • ③提案力・企画力があるか
  • ④担当者との相性は合いそうか
  • ⑤動画SEOなどの知識はあるか

弊社でも、映像制作のご依頼を承っております。

まずは実績をご確認いただき、ご相談ください。
»CapWorks実績

     

人気記事

 

おすすめ記事

     

新着記事


月別アーカイブ

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram