BLOG

2022.11.7

LIVE配信プラットフォームの特徴【どのプラットフォームを活用するべき?】

スマホアプリを使って、動画を簡単にリアルタイムで視聴者に届けられるLIVE配信を始めるにはどのようにしたらいいのかと考えている方は非常に多く見られます。

さらに、動画コンテンツを活用したビジネスも進んでおり、LIVE配信を利用しようと考えている企業も多いでしょう。

本記事では、LIVE配信について解説しつつ、LIVE配信プラットフォームの比較と特徴についても解説します。

LIVE配信の活用について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

LIVE配信とは

LIVE配信とは、スマホアプリなどを使って動画をリアルタイム配信することです。

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、自宅で楽しめるエンタメとしてLIVE配信が注目されています。

LIVE配信ではただトークするだけでなく、料理やゲーム、スポーツなどといったさまざまなジャンルの配信が可能であり、目的に合わせた多種多様な配信を行えます。

アプリをインストールするだけですぐにLIVE配信を始められるのも、人気の理由の1つでしょう。

誰でも簡単に始められることで、視聴者だけでなく配信者の数も増加していることから、イベントなども多数開催されており、市場規模はますます大きくなっていくと考えられています。

LIVE配信プラットフォームの選び方

LIVE配信プラットフォームの選び方は、主に下記の2つが挙げられます。

  • 目的に適したプラットフォームを選ぶ
  • 使い方が簡単なものを選ぶ

それぞれ順番に解説します。

目的に適したプラットフォームを選ぶ

LIVE配信を行う場合、目的に適したプラットフォームを選ぶ必要があります。LIVE配信プラットフォームによっても、下記のように目的や傾向が異なります。

  • ゲーム配信者が多い
  • 学生の視聴者が多い
  • 海外の視聴者が多い
  • タレントやアーティストの利用が多い

そのため、まずは、視聴者として各LIVE配信プラットフォームのコンテンツを視聴して、リサーチしましょう。

その中で視聴者の傾向や、LIVE配信プラットフォームの利用者が多い時間帯などを把握して、目的に適したプラットフォームを選ぶことが大切です。

使い方が簡単なものを選ぶ

特にLIVE配信が初めての場合は、アプリの使い方が簡単なものを選ぶようにしましょう。

利用者が多かったり、年齢層の幅が広いLIVE配信アプリは、初心者でも使いやすい傾向にあります。

また、LIVE配信でトラブルが発生した際のサポート体制の有無も重要です。

実際にいくつかのLIVE配信アプリを利用してみて、システム機能や画面デザインなど使いやすいかどうか試してみることを推奨します。

LIVE配信のプラットフォームの比較と特徴

こちらでは、下記のLIVE配信プラットフォームについて比較し、特徴を見ていきます。

  • Zoom
  • YouTube
  • Instagram
  • Twitch
  • BizLive

それぞれ順番に解説します。

Zoom

Zoomはオンライン会議で有名なツールですが、LIVE配信を行うこともできます。Zoomでは、1つの画面に複数の参加者の画面を映しながらLIVE配信を行うスタイルです。

意見交換などお互いに発言しながらのリアルタイム交流が可能で、参加者同士での資料共有等も行えます。

ウェビナーなど、おおくの参加者に向けてLIVE配信を行うイベントにも最適と言えるでしょう。

YouTube

YouTubeにおいても、LIVE配信を行うことが可能です。

YouTubeにおけるLIVE配信では、YouTubeのプラットフォーム上にいる方に向けた配信から、限定的なユーザーにのみ見せるためのクローズドなLIVE配信も可能であることから、非常に様々な用途で使えます。

YouTubeは操作に慣れている方も多いため、大きな理由がなければYouTubeで実施することを推奨します。

Instagram

InstagramにおけるLIVE配信は、インスタライブと呼ばれており、リアルタイムLIVE配信を最大4時間行えるシステムです。

一般ユーザーだけでなく、タレントやアーティストの利用も多いのが特徴で、視聴者の年齢層も幅広いです。

2020年にはマネタイズ機能も搭載され、クリエイターやビジネスを支援できるシステムも導入されました。拡散性も高いことから、影響力を持ちたい場合に使用するケースが多く見られます。

Twitch

Twitchは、Amazonがサービス提供しているLIVE配信プラットフォームです。

YouTubeに次ぐ大手LIVE配信プラットフォームと言えるでしょう。

ただ、TwitchにおけるLIVE配信の多くがゲームや音楽関連となっているため、ビジネス利用は難しいです。自社でゲーム系の事業を立ち上げる際などには、おすすめのプラットフォームです。

BizLive

BizLiveは、ビジネスLIVE配信に特化したプラットフォームです。

LIVE配信に関わることはすべて運営がサポートしてくれるため、初めてLIVE配信を行う企業でも安心です。

どのようなLIVE配信を行いたいか大まかなアイデアを運営に伝えることで、台本や資料作成、LIVE配信会場のリサーチも行ってくれます。欲しい情報を一括で手に入れられることから、LIVE配信による手間を大幅に減らせるでしょう。

LIVE配信プラットフォームは目的に合わせて選びましょう

本記事では、LIVE配信とはなんなのかについて解説しつつ、LIVE配信プラットフォームの比較と特徴についても解説しました。

現在はさまざまなLIVE配信プラットフォームが登場しており、誰でも気軽にLIVE配信を行える環境が整っていると言えます。

ただ、LIVE配信プラットフォームによって目的や傾向が異なるため、どのLIVE配信プラットフォームを選んでもいいわけではありません。

ぜひ本記事を参考に、LIVE配信の概要について把握するとともに、目的に合わせたLIVE配信プラットフォームを選んでみてはいかがでしょうか。

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram