BLOG

2019.6.21

カメラのお手入れの仕方

  • DATE
    2019.06.20
  • LOCATION
    -
  • TYPE

    -

一眼レフカメラを購入したものの、撮影に使用したあとは何もせずそのまま放っておいたまんまになっている・・・なんてことはありませんか?一眼レフはお手入れを怠ると、写真に悪影響を及ぼしてしまいます。より美しい写真を撮影するためにはこまめなお手入れが必要です。そこで今回は、カメラのお手入れ方法についてご紹介いたしましょう。では、まずどうしてお手入れをしないといけないのでしょうか。

なぜお手入れが必要なのか

一眼レフカメラは、レンズに異物が付いているだけで写真のピントが合わなくてボケてしまい、思いどおりの仕上がりにならなかったりしてしまいます。また、一眼レフは湿気に弱い機器です。たとえば、保管場所が湿気の多いところであると、ガラスでできているレンズは、カビやクモリが発生してしまいます。このせいで、レンズの光の屈折がうまくいかず、ぼやけた写真になってしまうのです。また、ちりやほこりがレンズに入り込むと、写真にまで写りこんでしまい、上手に撮れたと思った写真が台無しになってしまいます。せっかく手に入れた大切なカメラやレンズは長くキレイに使っていきたいですよね。“一眼レフのお手入れ”と聞くと難しそうだというイメージがあるかもしれませんが、一度やってみられると意外と簡単にできます。

お手入れのアイテムについて

では早速、一眼レフカメラを上手にお手入れできるアイテムをご紹介していきましょう。

ブロアー

一眼レフカメラを扱う方にとっては基本中のアイテムで、お手入れグッズの定番商品です。カメラ本体やレンズ表面についたちりやほこり、砂を吹き飛ばす際に使用します。こういった物質が付着しているままクリーニングクロス等で拭いてしまった場合、傷がついてしまうことがあるので、クリーニングクロスで拭く前には必ずブロアーで異物を吹き飛ばすことを忘れないようにしましょう。ブロアーのサイズは様々なものが販売されていますが、コンパクトな小さいサイズのものであると風量が足りず、ほこりを吹き飛ばすことができない場合があるため、大きめのものを選ばれるとよいでしょう。

クリーニングブラシ

カメラ全体のちりやほこり、砂を落としたり、狭い隙間の汚れを払うために使用します。ブラシを選ばれる際は、細かくて柔らかい触り心地のものを選ぶとよいでしょう。

クリーニングクロス

一眼レフカメラの本体や液晶画面、レンズ等の拭き掃除の際に使用します。タオルやティッシュペーパーで拭いてしまうと傷がついてしまうので、必ず専用のもので拭くようにしましょう。代用としてはメガネ用のクリーニングクロスでも可能です。

クリーニングスプレー

ブロアーやブラシでも取り除くことができず、クロスで拭いてもとれないようなレンズの油汚れを落とすために使用します。

クリーニングペーパー

こちらはあらかじめクリーナー液が染みこませてあるのでクリーナー液をかける手間が省けます。小分けで個包装されているものはクリーナー液も持ち歩く必要がなく、かさばらないので外出先でも使用でき持ち運びに便利です。

レンズペン

ペン型のレンズクリーナーです。片側にはほこりを払うためのブラシがついていて、もう片側にはカーボン粒子配合のチップがついており、レンズ表面の汚れを絡めとることができます。使い方としてはブロアーで大きなちりやほこりを吹き飛ばし、レンズペンのブラシの方でレンズ表面を払った後、反対側の拭き取り用クリーナーで拭きとります。上記のクリーニングペーパーで拭いた後のクリーニング液を拭き取る仕上げにも使用でき、持ち運びに便利なので一本もっておくと重宝します。

一眼レフボディとレンズの掃除方法

それでは実際に一眼レフカメラのお手入れ方法の手順をご紹介いたします。

①カメラのボディ全体をブラシで払い、ブロアーをかけて大きなちりやほこりを吹き飛ばしていきます。ブラシを先にかけることで静電気を発生させ、ちりやほこりがブロアーで吹き飛ばされやすくなります。特に凹凸の多い狭い隙間には埃が溜まりやすいためしっかりと空気を吹きかけるようにしましょう。カメラによってはファインダーやストロボを取り付ける部分は取り外せるものもあるので、取り外しておくと、細部までお手入れすることができます。
②レンズ表面もボディと同様にブロアーにかけ、ちりやほこりを吹き飛ばしましょう。この時レンズ面を下にしながら吹きかけるようにしましょう。その後、レンズに指紋や皮脂がついている場合はクリーニングクロスで優しく拭き取ります。
③内部のセンサー部分についてはブロアーでほこりを払う程度にしましょう。こちらはレンズと同じように、ほこりが内部に入りにくくするために、下に向けながらブロアーを吹きかけます。ここで注意が必要なのが、センサー部分はかなりデリケートな部分ですので、クリーニングクロスで拭いたり直接触れたりしないようにしましょう。自分でお手入れしたい場合はセンサー専用のクリーニングキットを使用したり、慣れていない方はメーカーへのメンテナンス依頼をするようにしましょう。

どのくらいのペースでお手入れすべきか

では、どれくらいの頻度でお手入れするのが効果的なのでしょうか。わかりやすく簡単なお手入れとしてはカメラの使用後に毎回お手入れされることをオススメします。お手入れのタイミングは人によって様々かと思われますが、期間を決めて行うよりも、ちりやほこり、汚れが付着する使用後毎にお手入れする習慣をつけるとよいでしょう。

カメラの保管方法について

カメラは湿気に弱いため、普段の一眼レフカメラの保存は密閉できる防湿ボックスを準備し、乾燥剤を入れて保管するようにしましょう。引き出しやバッグの中に入れっぱなしにしていた場合、カメラやレンズにカビが生えてしまう原因となります。カメラ用のドライボックスがオススメですが、食品用の密閉ケースでも代用できます。乾燥剤を定期的に取り換える必要はありますが、カビが生えてプロにお願いして数万円かけるよりかは比べものにならないくらい安価におさえることができますので、ぜひ準備してみてください。

お手入れアイテムを手に入れよう!

ではご紹介してきたような一眼レフのお手入れアイテムは一体どこで購入できるのでしょうか。カメラを購入された際にも訪れたかと思いますが、こういったお手入れアイテムは家電量販店のカメラコーナーに置いてあったり、ネットでも購入できます。一眼レフを購入された場合はぜひ一式揃えて持っておくことをオススメします。

お手入れアイテムの相場は?

初めてお手入れアイテムを購入される場合は、クリーニングセットがオススメです。ネットでは基本的なアイテムを含んだクリーニングセットは1200円~1500円程度で手に入れることができます。
ひとつずつ購入される場合は、マストアイテムとして、ブロアー、レンズペン、クリーニングペーパーだけは用意されるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。初めに述べたように“一眼レフカメラのお手入れ”と聞くと大変そうに感じるかもしれませんが、今回の記事を読んでいただき、お手入れは方法はそれほど難しくないと感じていただいたのではないでしょうか。ぜひあなたの大切な一眼レフもより長く愛用していただけるように早速今日からこまめなお手入れを心がけていただき、充実したカメラライフを満喫してくださいね。

月別アーカイブ

Contact

お電話でのお問い合わせ

【受付時間】10:00~19:00
【定休日】月・木

06-6606-9889

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

Instagram