BLOG

2022.11.7

メーカーのInstagramの必要性【マーケティングに活用できるのかも解説】

インスタグラムを用いたマーケティングが一般化している中でも、メーカーのようなtoB事業者は必要性を感じていないのではないでしょうか。

確かに、toC事業者に比べると、売上へのインパクトは小さいように感じますが、実際のところはそうではありません。

むしろメーカーによるインスタマーケティングの必要性は非常に高く、適切にインスタを活用すれば売上や利益を大幅に高めることもできるでしょう。

本記事では、メーカーにインスタが必要な理由や、実際にメーカーがインスタを活用する方法について解説します。

特に売上や利益を伸ばしたいという方や、ブランディングを行いたいという方はぜひ参考にしてください。

インスタグラムはマーケティングに活用できる?

結論から申し上げると、インスタグラムはマーケティングに大いに活用できます。

日本人のインスタグラムのユーザー数は、2022年10月現在で3,000万人を超えているとされており、これほどマスにアプローチできる可能性を秘めていることからも、マーケティングに活用できることが大いに理解できるでしょう。

なお、実際にインスタグラムを活用したマーケティングを行っている企業も多く存在しており、成功しているケーススタディも数多く存在しています。

インスタグラムの市場はこれからも拡大すると考えられていることからも、積極的にインスタグラムをマーケティングに活用することを推奨します。

メーカーがインスタが必要な理由

メーカーはBtoB企業であることも多いことから、インスタは不要だと考えてしまうことも多いでしょう。しかし、メーカーがインスタを活用する意義は非常に大きく、必要であると考えられます。

メーカーがインスタに必要な理由は下記の通りです。

  • C層にも認知を広げられる
  • ブランディングにつながる

それぞれ順番に解説します。

C層にも認知を広げられる

メーカーの大きな課題として、企業に対しての知名度は得られるものの、一般層やエンドユーザーに対して認知が広がらないという点があります。

認知が広がらないことによって、小売店を介さないビジネスを行おうとしても、広告力の弱さによって失敗してしまうケースは過去に多く見られました。

インスタグラムを活用することで、C層(一般層)にも認知を広げられるため、ビジネスの幅を広げる足がかりを作ることが可能です。

先述した直販による利益拡大も狙えるため、適切なインスタ運用によって得られる利益は非常に大きいと言えるでしょう。

ブランディングにつながる

メーカーがインスタを運用することで、自社のブランディングを行うことが可能です。ブランディングは、顧客体験をより良いものにするためには非常に大切な要素の一つです。

SNSが一般化するまでは、メーカーが独自のブランディングを行うことは非常に難しいものでした。

しかし、インスタグラムが普及することによってブランディングが可能になり、それに伴う売上の創出も容易となりました。

この流れはメーカーにとっても同様と言えます。インスタを有効活用すれば、メーカーのブランディング・利益の拡大に繋げられるでしょう。

メーカーがインスタを活用する方法

メーカーがインスタを活用する方法として、大きく下記の2点に分けられます。

  • 投稿によるアカウントの育成
  • インスタグラム広告の活用

それぞれ順番に解説します。

投稿によるアカウントの育成

インスタの活用方法として、最もオーソドックスな方法として、投稿することによるアカウントの育成が挙げられます。

インスタアカウントを育成するには、一定の時間が必要になるものの、フォロワーが増えてくると中長期的に広告の役割を果たしてくれます。資産性の高い広告として高い効果を持つため、非常に優秀な広告媒体となるでしょう。

インスタグラム広告の活用

インスタを活用する方法は、投稿によってアカウントを育成するだけではありません。インスタには様々な形式で広告を出稿することも可能です。

インスタ広告では、広告を見せるユーザーを細かく設定できるため、適切なターゲットに商品や自社のアピールを行えます。さらに、比較的成果が出るまでの期間が短いことから、短期的に売上を伸ばしたい場合は広告を検討すると良いでしょう。

メーカーもインスタを活用して販路拡大を行いましょう

本記事では、メーカーがインスタを必要とする理由について解説するとともに、メーカーがインスタを活用するにあたって効果的な2つの方法をご紹介しました。

メーカーのようなtoBの事業者にとってインスタマーケティングは不要と考えられがちですが、実際には大きな効果を発揮します。

メーカーがインスタマーケティングを適切に行えば、直販による利益拡大なども狙えることから、インスタの必要性は非常に高いと言えるでしょう。

また、アカウントを育成するほかにも、広告によって短期的に売上を伸ばすことも可能です。ぜひ本記事を参考にして、自社の状況に合わせたインスタ運用を検討してみてはいかがでしょうか。

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram