BLOG

2020.5.15

「Premiere Pro」と「After Effects」の違い

  • DATE
    2020.5.2
  • LOCATION
  • TYPE

動画編集にてよく用いられるのが、「Premier Pro」「After Effects」というソフト。
どちらもAdobe製のソフトですが、この2つのソフトにどのような違いがあるかご存知でしょうか。
2つの機能の違いをご紹介します。

 

Premiere Proの機能

 

    Premiere Proが向いている作業

    ・長時間の動画制作
    ・ムービ素材のカット&繋ぎ
    ・テロップ入れ

Premiere Pro は、素材となるムービーのパーツを時間軸に並べて編集するためのソフトウェアです。
いくつものカットをつないだり、簡単なテロップを入れたり、比較的長めであまり複雑ではないムービーを作成する場合に使用します。タイムライン上でカットの編集や合成、静止画の挿入などを行うことができます。また、映像にBGMや効果音を当てたり、簡単な色調整なども可能です。
他のソフトと組み合わせることが多いですが、番組やCMの編集、映画の編集などでも、Premiere Proは使用されるケースがほとんどです。
どこまでのクオリティの動画を作りたいかにもよりますが、撮影素材にテロップをのせた基礎的なYouTube動画であればPremiere Proの機能で事足りるので、YoutuberもPremiere Proを利用していることが多いようです。

 

After Effectsの機能

 

    After Effectsが向いている作業

    ・モーショングラフィックス
    ・アニメーション
    ・3D映像
    ・5分までの映像制作
    ・イラストレーターのデータを動かす
    ・大量の素材を重ねるような編集

After Effectsは、映像のデジタル合成やモーショングラフィックス制作などを目的としたソフトウエアです。
CGやアニメーションなど凝った短編の映像の編集を得意とします。複雑なアニメーションになればなるほどAfter Effectsの方が便利です。
After Effectsには、レイヤーに適用する数多くのエフェクト機能が用意されています。エフェクトをかけることで色の補正やイメージの変形、新しいビジュアルの追加などを行うことが可能です。
例えば、イラストレーターで描いたイラストを動かして短いアニメーションを作ったり、モーションインフォグラフィックスやモーションタイポグラフィを作ったり、実写にモーショングラフィックスを組み合わせる合成を行ったりできます。

 

「Premier Pro」と「After Effects」の違いと活用

「Premiere Pro」と「After Effects」のそれぞれの機能についてご紹介しました。
要するに大きな違いは、編集の目的にありました。

    ・Premiere Pro→素材をつなげて一本の動画にする
    ・After Effects→CGやアニメーションなど凝った(短編の)映像を編集する

 

よく、Premiere Proは横の編集、After Effectは縦の編集、と言われています。
実際に使用してみることでその意味がわかってくると思いますが、なかなかソフトを触ったことのない方にはわかりにくい部分でもあります。

2つのソフトは目的が違うとのことなので、まず、どの様な編集を目指すかによって、立ち上げるソフトを選んでください。
After EffectsとPremiereは、どちらもAdobeが開発したソフトなので連携して動画の編集作業を行うことも可能です。After effectsで作った短いアニメーション動画などを素材としてPremiere Proに取り込み、つなげて1本の動画にすることもできます。ソフトを組み合わせて使うことで、クオリティの高い映像を制作することができるのです。

 
 

「Premier Pro」と「After Effects」、2つのソフトウェアの違いをご説明させていただきました。
それぞれに向き不向きの作業がありますので、この違いを理解して効率よく編集を進めていきましょう。

月別アーカイブ

Contact

お電話でのお問い合わせ

【受付時間】10:00~19:00
【定休日】月・木

06-6606-9889

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

Instagram