BLOG

2021.9.28

採用動画制作を依頼する際のポイントや注意するべき点3つについて解説!

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

より採用を効率的に行いたい」「より優秀な人材を採用したい」と考えている方は多いのではないでしょうか。特に企業説明会などで他の会社より目立つようにしたいと考えている方は多いでしょう。

そこでおすすめなのが採用動画を用いる方法です。採用動画を用いることで企業採用をより効率的に行え、優秀な人材の確保にも繋がります。

そこで本記事では、採用動画が有効な理由から採用動画制作を依頼する会社の選び方まで解説します。採用動画を制作して、採用活動を円滑に進めたいという方はぜひ参考にしてください。

採用動画が有効な理由

採用動画が有効な理由

まずは、企業の採用活動において、採用動画が有効な理由について解説します。採用動画が有効な理由は、下記の2点あります。

  • 圧倒的な情報量
  • 採用コストの大幅削減

それぞれ順番にご説明します。

圧倒的な情報量

動画をしっかりと作り込めば、「テキスト」や「画像」、「プレゼン」などより遥かに多くの情報量を少ない時間で伝えることができます。たとえば、写真や画像では伝わりづらい実際の仕事風景などを動画にすると、非常に伝わりやすいでしょう。また、記憶に残りやすく、人の心を動かせる動画は採用において非常に有効です。

採用コストの大幅削減

動画の中に様々な情報を入れておくことで、採用コストを大幅に削減できます。たとえば、採用活動時に仕事内容について話していた社員の話を一度動画にまとめておくだけで、コスト削減に繋がります。また、動画を活用するこで、説明会や採用活動自体をオンラインで実施できるため、会場費や印刷物などのツール代、人件費の削減が期待できます。

採用動画のメリット

採用動画のメリット

採用動画のメリットは、下記の3つです。

  • マッチングの精度を高められる
  • 短い時間でPRできる
  • 伝わりにくい業態もイメージしやすい

動画を使用することで、見た側に伝わりやすく、短期間でのPRに繋がります。そのため、結果として採用時のマッチング精度も高められるでしょう。特に、伝わりにくい業態などは動画を活用することで、仕事内容や風景が見える化するという大きなメリットがあります。

採用動画のデメリット

採用動画のデメリット

反対に、採用動画のデメリットは下記の3つです。

  • 動画時間が長いとそもそも見てもらえない
  • 動画の質が低いと、良くない印象を与えてしまう可能性もある
  • 見せ方次第でミスマッチが起きる可能性がある

採用動画のデメリットは、良い動画であればあるほど伝わりやすい分、悪い動画の場合でも見た人に伝わりやすくなってしまう点です。そのため、動画の内容や質は非常に重要なため、採用動画の制作を依頼する場合は、制作担当者と綿密にコミュニケーションをとって、より効果的な動画を仕上げる必要があります。

採用動画を依頼する際の費用相場

採用動画を依頼する際の費用相場

ここまでは採用動画が有効な理由やメリット、デメリットについて解説しました。ここからは実際に採用動画を依頼する場合についてご説明します。まずは、採用動画を依頼する際の費用相場ですが、内容によっておよそ下記の通りになります。

特徴 相場 動画の長さ 撮影条件 撮影時間 制作期間
インタビュー 10万円〜30万円 120秒 ロケ:1ヶ所
キャスト:社員
機材:1カメラ
半日 2週間〜1ヶ月
インタビュー

社内風景
30万円〜80万円 180秒 ロケ:2ヶ所
キャスト:社員
機材:1カメラ
1〜2日 1ヶ月
密着取材 80万円〜200万円 オーダーメイド ロケ:2〜3ヶ所
キャスト:社員
機材:1〜2カメラ
3日 1.5〜2ヶ月
ドラマ仕立て 200万円以上 オーダーメイド ロケ:3ヶ所以上
キャスト:プロ
機材:カメラ以外も必要
3日以上 3ヶ月以上

上記のように、人員の増加や制作に時間がかかる場合は費用も高くなります。

採用動画制作を依頼する際に注意するべきこと

採用動画制作を依頼する際に注意するべきこと

続いて、採用動画制作を依頼する際に注意するべきことについても解説しておきます。採用動画制作を依頼する際に注意するべきことは下記の3つです。

  • 採用対象を明確にする
  • 企業の強みの明確化
  • 追加撮影がないようにする

それぞれ順番にご説明します。

採用対象を明確にする

まずは、「どんな人物を採用したいか」採用対象を明確にしておきましょう。どれだけ動画のクオリティが高くても、採用したい人物に刺さる動画でなければ意味ありません。採用対象を明確にしておかなければ、欲しい人材と全く異なる人材が集まる可能性もあります。そのため、まずは採用対象を明確にしておきましょう。

企業の強みの明確化

強みを明確にし、それを伝える動画を制作しましょう。なぜなら、伝えたい強みを明確化しておかないと、あれもこれも詰め込みすぎてしまい、結局何も伝わらない動画になってしまうからです。

  • 優れた商品・サービス
  • 綺麗なオフィス
  • 充実した社内制度

上記のような自社の強みを洗い出し、何を一番伝えたいのか明確にしておきましょう。

追加撮影がないようにする

撮影終了後に、「やっぱりあれも撮ればよかった」となってからでは遅いです。追加撮影が必要になった場合、追加料金もかかってきます。そのため、何を撮るのか、どんなメッセージ性を盛り込むのかなど、事前に制作スタッフと念入りに打ち合わせしておきましょう。

 

採用動画の制作会社の選び方

採用動画の制作会社の選び方

最後に、採用動画の制作会社の選び方についてもご紹介します。制作会社を選ぶ際は、それぞれの会社で下記を確認しておきましょう。

  • 制作会社の実績
  • 制作会社の得意分野
  • 制作会社の提案力・企画力
  • 担当者との相性
  • スケジュール

特に実績は非常に重要です。なぜなら、それぞれの制作会社の動画のクオリティやどのような動画の制作が得意なのかが見えてくるからです。そのため、まずは各会社の制作実績を確認しておきましょう。制作実績に関しては、各会社のホームページ上に掲載されています。弊社の制作実績については、株式会社CapWorksの制作実績をご覧ください。

各制作会社の実績を確認し「良い」と思える制作会社が見つかったら、お問い合わせを行い、無料見積もりやスケジュール、担当者との相性を確認しましょう。通常の制作会社は無料で見積もりしてくれるため、まずは相談してみる方が早いです。実際に弊社でも無料でご相談やお見積もりを承っております。

まとめ

本記事では、採用動画制作を依頼する際のポイントや注意するべき点についてご紹介しました。採用活動において、動画を用いるのは非常に有効な手段です。採用時のマッチング精度を高められたり、短い時間でPRできたりなど、様々なメリットがあります。

したがって、採用活動をスムーズに進めるためにも、採用動画の制作を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、採用動画の制作を承っております。先述の通り、ご相談やお見積もりは無料です。採用動画の制作をお考えの方はぜひ、お気軽にご相談ください。
»無料お問い合わせ

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram