BLOG

2022.3.23

動画広告を動画制作会社に依頼する手順5つとメリット2つについて解説

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

動画広告を制作してみようとお考えではないでしょうか。

しかし、動画広告を制作するためのノウハウが無く、動画制作会社へ依頼を考えているという方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、動画広告を動画制作会社に依頼するメリットや依頼する方法を5ステップで解説しました。

これから動画広告を制作してみようと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

動画広告が効果的な理由2つ

動画広告が効果的な理由2つ

商品を販売する上で動画広告が効果的な理由は、下記の通りです。

  • 魅力が伝わりやすい
  • 視覚と聴覚に訴えかけることができる

それぞれ順番にご説明します。

商品やサービスの魅力が伝わりやすい

商品やサービスを紹介する上で、文字や画像だけでは魅力を伝えきれないことがあるでしょう。一方で動画広告では、使用方法や利用する場面を見せることが可能です。

たとえば、便利グッズの魅力を紹介する場合は、実際に使用する姿を見せることで、どのように便利なのかが伝わりやすくなります。

視覚と聴覚の両方に訴えかけることができる

動画広告では映像と音を使って、視覚と聴覚の両方に訴えかけることができます。つまり、動画は静止画よりも伝えられる情報量が多く、広告を見た人の記憶に残りやすいのです。

文字を読むよりナレーションによる説明の方が自然に内容が頭に入ってくる方は多いのではないでしょうか。また、BGMを使用することで、印象に残したり興味を湧かせたりすることもできます。

動画広告を制作会社に依頼するメリット2つ

動画広告を制作会社に依頼するメリット2つ

動画広告は自社制作も可能ですが、制作会社に依頼することで様々なメリットが得られます。具体的には、下記の2つです。

  • クオリティの高いクリエイティブを作ることができる
  • 人員や機材などリソース整備にかかるコストを抑えることができる

それぞれ順番にご説明します。

クオリティの高いクリエイティブを作ることができる

動画制作会社は動画の制作を専門としているため、クオリティの高い動画広告を制作できます。

一般の企業が撮影から編集まで行うというのは難易度が高く、消費者の印象に残る広告が生まれる可能性は低いです。特に撮影は、カメラマンやディレクターの技術によってクオリティが大きく変化します。

企業に動画広告の制作経験がある人や、カメラが得意な人がいない場合は、プロである制作会社に依頼するのが安心です。

人員や機材などリソース整備にかかるコストを抑えることができる

自社で動画広告を制作する場合、社員が本来の業務を抑えて、制作に時間を費やすことになります。また、撮影機材を用意するための資金も必要です。

このように自社で動画広告を制作しようとなると、余計にコストがかかってしまいます。

そのため、結果的に動画制作会社に依頼した方がコスパは良くなります。

動画広告を制作会社に依頼すべきか判断する方法

動画広告を制作会社に依頼すべきか判断する方法

それでも自社で制作するか迷っている」という方もいらっしゃるでしょう。

そのような方は、下記4点を基に判断してみてください。

  • 予算
  • 納期
  • 定期的に制作する必要があるか
  • 動画の目的

基本的に予算や納期に余裕がある場合は、一度動画制作会社に依頼してみた方が良いです。

SNSや動画投稿サイトなどで使用するために、定期的に動画を制作する場合は、自社制作したほうがその都度かかるコストを抑えられます。

また動画の目的が、品質の担保よりも顧客とのコミュニケーションにある場合もクオリティの高さはそれほど求められていないため、自社での制作が向いているでしょう。

動画広告制作の費用相場

動画広告制作の費用相場

動画広告制作の費用相場は「10万円~300万円」と幅広くなっています。

相場は動画の種類によって差がありますが、特にブランディング動画の制作にかかる費用は100〜300万円と高額です。

広告によって商品やサービスのイメージが左右するため、制作会社に依頼するケースが多くなっています。

動画制作会社を選ぶ際のポイント3つ

動画制作会社を選ぶ際のポイント3つ

動画広告を制作する上で、動画制作会社選びは重要なポイントです。動画制作会社を選ぶ際は下記3点をポイントに選びましょう。

  • 動画制作会社の実績
  • 見積もりの詳細
  • 動画マーケティングのノウハウ

それぞれ順番に解説します。

動画制作会社の実績

動画制作会社の実績を確認する際は、これまでにどのような動画を作ってきたのか、どのような企業から依頼を受けてきたのかを見ましょう。

動画制作会社のホームページを見ると、これまでの実績が掲載されている場合がほとんどです。実際に弊社でもホームページに実績を掲載しています。
»株式会社CapWorksの実績

動画制作会社が過去に同じような業界から依頼を受けた経験があれば、依頼内容の伝達もスムーズです。

見積もりの詳細

動画広告にかかる費用は見積もりで確認することができますが、総額だけでなく個々の費用もしっかりと確認しましょう。見積もりの内訳は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 企画費
  • 人件費
  • 諸経費

企画費とは動画の作成の進行管理に関する費用のことで、制作する動画によって差がありますが、最高でも50万円程度です。

人件費とは動画で使用するキャストやスタッフの費用で、費用の中で最も金額の幅が広くなっています。

諸経費とは撮影機材やロケ地使用にかかる費用で、制作会社によって金額の差が小さい部分です。

見積もりを確認する際は、企画費の金額が高すぎないか、人件費が見合っているかをチェックしましょう。

動画マーケティングのノウハウ

動画制作会社に動画マーケティングのノウハウがあるかどうかも確認しておきましょう。

動画制作会社の動画マーケティングのノウハウは、依頼側の目的が果たせるかどうかに影響があります。動画広告はあくまで広告であり、ただ作ればいいというわけではありません。

依頼側が動画広告で何をアピールしたいのか、きちんと理解して制作してくれる動画制作会社を選びましょう。

目的から考える、動画の内容や構成の一例

目的から考える、動画の内容や構成の一例

動画広告は目的によって、内容はもちろん構成が変わります。たとえば、最新モデルの掃除機を紹介したい場合は、掃除機の機能を知ってもらい、それによって得られる効果も理解してもらう必要があります。

商品紹介ではイントロ・メイン・結末・アクション促進という構成で制作することが多く、イントロで問題提起を行い、メインと結末で機能を説明し、アクション促進で資料請求や申し込みに繋げます。

  • イントロ:掃除機が重くて、毎回の掃除が大変。
  • メイン:○○の掃除機はたった△㎏
  • 結末:毎日の掃除が楽になる
  • アクション促進:公式通販で購入可能です

求める動画広告を具体化するチェックリスト

目的は明確か

先述したとおり、動画広告は目的によって作り方が変わります。

動画制作会社に依頼するかどうかも、この目的によって決まることが多いため、まずは目的を明確にすることが大切です。

予算は十分

予算が十分にある場合は、動画制作会社に依頼してクオリティの高い広告を制作できます。予算が少ない場合は自社で制作するしかないと考えがちですが、自社で作るにしてもコストはかかります。手頃な価格で制作してくれる動画制作会社に依頼するのも一つの手です。

納期に無理がないか

動画広告がいつまでに必要かを考えて、納期を設定します。この際、企画・撮影・編集の時間も考慮しなければなりません。動画制作会社に依頼する場合は、制作に2~3ヶ月かかることもあります。短期で依頼する場合は料金が上乗せされることが多いので注意しましょう。

ターゲットは明確か

制作した動画広告を誰に見てもらいたいのか、広告を通して商品やサービスを紹介したい相手を明確にしましょう。

ターゲットを明確にすることで、それぞれに響きやすい内容の広告が制作できます。

企画は適切か

動画広告の内容を具体化するために、企画を作成する必要があります。企画では、動画広告を制作する目的に沿って、実写にするのか、アニメーションにするのかなど、表現の仕方を決定します。企画によってはコストを大幅に抑えられるため、重要な部分といえるでしょう。

機材はあるか

カメラはもちろん、マイクや照明などの機材は動画広告を制作する際に必須です。自社で制作する際は機材の準備を忘れずにしましょう。

効果的なカメラワークか

動画広告を制作する上で、撮影の仕方(カメラワーク)は重要なポイントです。映像にメリハリを付ければ、より印象的な広告になるでしょう。

編集

動画広告の撮影を終えたら、編集をする必要があります。後からテロップやBGM、効果音を付けることで、見やすく分かりやすい広告が完成します。

動画広告の制作を依頼する5ステップ

動画広告の制作を依頼する5ステップ

動画広告の制作を制作会社に依頼する場合は、基本的に下記のような5ステップで行います。

  • ステップ1:依頼前に必要な情報を整理する
  • ステップ2:動画制作会社にお問い合わせ
  • ステップ3:動画制作会社からの提案・見積もり
  • ステップ4:動画広告制作・修正
  • ステップ5:希望する配信媒体への発信

それぞれ順番に解説します。

ステップ1:依頼前に必要な情報を整理する

制作会社が動画広告を制作する上で、必要な情報を整理しておきましょう。たとえば、企業紹介が目的の場合は、企業の強み・他社と異なる魅力・経営のデータなどをまとめておくとスムーズに依頼できます。

ステップ2:動画制作会社にお問い合わせ

依頼の準備ができたら、動画制作会社に問い合わせをしましょう。動画制作会社がヒアリングを行ってくれます。

ステップ3:動画制作会社からの提案・見積もり

動画制作会社から広告についての提案と、見積もりが行われます。依頼側はその時点で問題がないかをチェックして、正式に動画広告の制作を依頼します。

ステップ4:動画広告制作・修正

動画制作会社が実際に動画広告を制作します。制作後に相違点があった場合は、修正を依頼できます。ただし、別途費用が発生する場合もあるので注意しましょう。

ステップ5:希望する配信媒体への発信

動画広告が完成したら、希望する配信媒体へ発信します。配信媒体は目的に合わせて選びましょう。

最後に:動画広告の制作はCapWorksにお任せください

最後に:動画広告の制作はCapWorksにお任せください

動画広告は訴求力や拡散力に優れた広告です。他の広告よりも制作に時間やコストはかかりますが、インターネットに載せる広告としては最も印象に残るでしょう。

自社での制作が難しい場合でも、制作会社を利用すればクオリティの高い動画広告を作ることができます。

動画広告の制作を考えている方は、ぜひこの記事を参考にして制作会社の利用を検討してみてください。

弊社でも動画広告の制作を承っております。

ご相談やお見積もりは無料のため、まずはお気軽にご相談ください。
»無料ご相談はこちら

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram