BLOG

2021.12.11

動画編集の依頼相場と費用を安く抑える方法3つを解説!

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

動画編集を依頼しようと考え、どのくらいの料金相場になるか知りたいと考えている方は多いのではないでしょうか。特に、今まで動画制作に関わったことが無い人にとっては、どのくらいの費用相場になるのか全く検討がつかないという方も多いでしょう。

そこで本記事では、動画制作会社である弊社が、動画編集の依頼相場や依頼する際の注意点などを解説しました。

これから動画編集を依頼したいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

動画編集は依頼際によって相場が異なる

動画編集は依頼際によって相場が異なる

まず大前提として、動画編集の依頼先として下記の2つがあげられます。

  • 個人(フリーランス)
  • 動画制作会社

それぞれ動画編集の依頼相場やメリット・デメリットが異なりますので、それぞれ解説していきます。

個人(フリーランス)に動画編集を依頼する場合

個人(フリーランス)に動画編集を依頼する場合

まずは、個人(フリーランス)の動画編集者に依頼する場合の下記3つについて解説していきます。

  • 料金相場
  • メリット
  • デメリット

それぞれ順番に解説していきます。

料金相場

個人の方に動画編集を依頼する場合の料金相場は、一般的な動画制作会社の5〜7割程度と考えて良いです。

動画の尺や編集内容にもよりますが基本的には、5〜15万円程度になります。

クラウドソーシングなどを利用すると、さらに格安で引き受けてくれる動画編集者の方もいます。

メリット

個人に動画編集を依頼する場合のメリットは主に下記の2つです。

  • 料金が安い
  • 変更や修正に柔軟に対応してくれる

特に料金が安いことが1番のメリットです。

基本的に個人の場合は1人で動画編集を受けている場合が多いため、人件費等がかからず安く依頼できる傾向があります。

また、1人で対応しているため、変更や修正に素早く対応してもらえるというメリットがあります。

デメリット

反対に、個人に動画編集を依頼する場合のデメリットは下記の2つです。

  • 依頼する人によってクオリティに大きな差が出やすい
  • 途中で連絡が取れなくなる可能性もある

動画制作会社に依頼する場合は、ある程度のクオリティは保証されていますが、個人の場合は依頼した人の能力に大きく依存します。

そのため、しっかり技術がある人でなければ、「納品物のクオリティが著しく低かった」ということにもなりかねません。

また、責任感が弱い個人に依頼してしまうと、納期に遅れたり途中で連絡が取れなくなったりといったことになる可能性もあります。

動画制作会社に依頼する場合

動画制作会社に依頼する場合

続いて、動画制作会社に依頼する場合の下記3つについて解説していきます。

  • 料金相場
  • メリット
  • デメリット

それぞれ順番に解説していきます。

料金相場

動画制作会社に依頼する場合の料金相場は、10万円〜20万円程度です。

こちらも動画の尺や編集内容によって料金が大きく変わります。

動画編集のみであれば、10万円〜20万円程度で可能なところが多いですが、撮影や制作全てを依頼すると1本100万円ほどする動画制作会社も多いです。

もちろん作業工数がかかればその分料金も上がるため、安く依頼したい場合は、編集用素材の提供などを行っていく必要があります。

メリット

動画制作会社に依頼するメリットは主に下記の2つです。

  • クオリティや信用面で安心できる
  • 動画編集だけでなく、マーケティングや撮影等も可能

特に動画制作会社はクオリティや信用面が確保されているため、どの動画制作会社に依頼しても、基本的には納期厳守でしっかりとしたクオリティのものを納品してくれます。

また、ただ動画編集するだけでなく、マーケティングや視聴者目線で動画を制作できるため、費用対効果の高い動画を制作できる可能性が高いと言えます。

デメリット

動画制作会社に依頼するデメリットは主に下記の2つです。

  • 費用がかかる
  • 時間がかかる

動画制作会社の場合、個人より多くの人が制作に関わっているため、基本的に費用や時間がかかります。

そのため、すぐに動画編集を行なってほしい場合は、動画制作会社に依頼できないことも多いでしょう。

弊社の料金

参考までに、弊社の料金例をご紹介いたします。下記の通りです。

弊社の料金

基本的に弊社では、20万円〜ご依頼を承っております。

もちろん、制作する動画の内容や種類によって料金は異なるため、正確な料金はお見積もり時にお伝えしております。

ご相談やお見積もりは無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。
»CapWorksお問い合わせ

動画編集を依頼する際の注意点3つ

動画編集を依頼する際の注意点3つ

続いて、動画編集を依頼する際に注意するべき点3つをご紹介します。下記の通りです。

  • 依頼書を作成する
  • 制作の流れを把握しておく
  • 複数見積もりをとる

それぞれ順番にご説明します。

依頼書を作成する

まずは依頼書を作成しておきましょう。

依頼書を作成しておくことで、自社と依頼先との認識のずれを無くせます。

依頼したものと違うものが納品された」ということにならないためにも、依頼書は事前に作成しておきましょう。

制作の流れを把握しておく

どのような制作の流れで行われるかを把握しておきましょう。基本的な動画制作の流れは下記の通りです。

  • 企画・構成
  • 撮影
  • 編集
  • 公開・効果検証

制作の流れを把握しておけば、大体の納品日の目処も立てられますし、変更点を依頼したい場合のタイミングも分かりやすくなります。

特に、動画編集のみの依頼だけでなく撮影等の制作も含めた依頼の場合は、必ず制作の流れを把握しておきましょう。

複数見積もりをとる

動画制作会社に依頼する場合は、複数の見積もりをとっておきましょう。

複数の見積もりをとっておくことで、「相場より高い金額で依頼してしまった」というようなことを防ぐことができます。

動画編集の依頼費用を安く抑える方法

動画編集の依頼費用を安く抑える方法

最後に、動画編集の依頼費用を安く抑える方法についても解説しておきます。

動画編集の依頼費用を安く抑えるには、下記の3つの方法が効果的です。

  • テンプレート動画を使用する
  • 素材を提供する
  • 背景にグリーンバックを使用する

それぞれ順番にご説明します。

テンプレート動画を使用する

テンプレート動画とは、モーションやアニメーション、テロップなどがパッケージになったデータのことです。

素材やテロップを差し替えるだけで、簡単な動画を制作できます。

テンプレート動画は、パッケージであれば1万円程度で購入することが可能なため、クオリティやオリジナリティはある程度落としても問題ないという場合は、利用しても良いでしょう。

素材を提供する

動画編集を行うためには、撮影した動画や動画に差し込む用の画像等が必要になります。

特に動画の撮影を依頼する場合は費用が大きくかかる場合があるため、動画編集の依頼費用を安く抑えたい場合は、自社で動画の撮影だけしてしまうのも1つの方法でしょう。

また、動画編集で必要と言われるそのほかの素材も自社で提供することで、依頼費用を安く抑えることができます。

背景にグリーンバックを使用する

背景にグリーンバックを使用し、別の映像を合成することで撮影にかかる費用を抑えることができます。

また、現地まで撮影しにいかなくて済むため、交通費やスタッフの人数も少なくて済みます。

まとめ

本記事では、動画編集の依頼相場や依頼する際の注意点、依頼費用を安く抑える方法について解説しました。

個人の方に依頼する場合も動画制作会社に依頼する場合も一長一短です。

費用相場はもちろん、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で依頼するようにしましょう。

動画編集のご依頼はCapWorksにお任せください

弊社でも動画編集のご依頼を承っております。

相談やお見積もりは無料で行なっておりますので、まずはお問い合わせよりご連絡ください。
»CapWorksお問い合わせ

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram