BLOG

2021.10.31

映像制作に必要な機材7つと揃えるための料金について

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

映像制作を行うために必要な機材を揃えようと考えているのではないでしょうか。

  • そもそも何が必要なのか
  • いくらくらいで揃えられるのか

上記のような疑問を感じている方は多いでしょう。

そこで本記事では、映像制作を行うために必要な機材や揃えるためにいくらくらいかかるのかについて解説しました。

これから映像制作を始めたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

映像制作に必要な機材

映像制作に必要な機材

さっそく結論ですが、映像制作には下記の7つの機材が必要です。

  • カメラ
  • パソコン
  • 動画編集ソフト
  • 三脚
  • ジンバル
  • 照明
  • 外付けマイク

それぞれ順番にご説明します。

カメラ

映像制作というと、真っ先に思い浮かぶ機材がカメラなのではないでしょうか。

一言でカメラと言っても種類が非常に多く、誰にでもおすすめできるカメラというのはありません。そのため、撮りたい場面や状況に応じて、最適なカメラを選ぶことが重要です。

しかし、カメラは非常に高額なため、始めたてであれば、スマホのカメラを使用すれば良いでしょう。

パソコン

撮影した映像を編集するためにパソコンが必要です。

現在ではスマホでも編集できることもありますが、品質や性能、効率を考えるとやはりまだまだパソコンの方がおすすめです。

パソコンにも様々な種類がありますが、最低でも下記のスペックのパソコンを使用すると良いでしょう。

  • Core i7
  • メモリ16GB
  • ストレージ:1TB以上

よくある質問として、「WindowsとMacどちらが良いですか?」というものがありますが、正直どちらでも良く、それよりもパソコンのスペックやどの編集ソフトを用いるかの方が大事になってきます。

そのため、現在使用しているパソコンが上記のスペックを満たしている場合は、WindowsかMacかに限らず一度編集で使用してみることをおすすめします。

動画編集ソフト

撮影した映像を編集するためにはパソコンだけでなく、動画編集ソフトも必要です。

機能や使いやすさ等を考えると、有料の動画編集ソフトの方が良いですが、初めて動画編集をする場合は、まずは下記のような無料の動画編集ソフトを使用しましょう。

  • AviUtl
  • iMovie
  • Lightworks

慣れてきたら、【初心者向け】動画編集ソフトおすすめ3選と選び方を解説!でご紹介しているような有料の動画編集ソフトの利用も検討してみてください。

三脚

手に持って撮影していると、どうしても手ぶれの問題が発生します。そのため、三脚を使用し、カメラを固定する必要があります。

特に、一人で撮影する際は重宝するため、準備しておきましょう。

ジンバル

ジンバルとは、回転台がついた手で握ることができるカメラホルダーです。

カメラを固定することができるため、手ぶれや揺れを軽減させるという効果があります。

また、しっかり握れるため、カメラを持つ手や腕が疲れにくいといったメリットもあります。

Vlogが自撮りで撮影する際には必須アイテムと言えるでしょう。

照明

無くても良いアイテムの1つですが、暗い場所での撮影や画質の向上に繋がるため、用意しておきたい機材の1つです。

白熱球・蛍光灯・LEDの3つがありますが、近年ではLEDが主流になっています。

撮影規模にもよりますが、1つあると便利なので、最低1つは用意しておくと良いでしょう。

外付けマイク

カメラにもマイクが内蔵されていますが、音質が悪い場合があります。そのため、外付けマイクを用意し、よりクリアな音を拾えるようにしておきましょう。

特に、映像をネット上などに公開する場合は、音が悪いと視聴者の離脱に繋がってしまう場合があります。

外付けマイクを用意し、しっかりと音を拾えるようにしておきましょう。ただし、予算的に厳しい場合は、まずはカメラに内蔵されているマイクの使用でも問題ありません。

映像制作に必要な機材を揃えるにはいくらかかるか

映像制作に必要な機材を揃えるにはいくらかかるか

結論から言うと、ピンキリです。

しかし、より安いものを揃えるなら10万円以下でも十分揃えることができるでしょう。

こだわると、カメラだけでも100万円超えるものもあるため、非常に大きな金額になってしまいます。

とりあえず映像制作を始めてみたい場合は、まずは今持っているものを応用できないか考え、少ない予算で始めるようにしましょう。

まとめ

本記事では、映像制作で必要な機材について解説しました。

映像制作では、最低でも下記のような7つの機材が必要です。

  • カメラ
  • パソコン
  • 動画編集ソフト
  • 三脚
  • ジンバル
  • 照明
  • 外付けマイク

機材にこだわると、一式揃えるのに100万円以上かかる場合もあります。

そのため、まずは少ない予算で小さく始めることを考え、慣れてきたり映像の質が上がってきたらそれに見合うような機材の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

»映像制作なら株式会社CapWorks

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram