BLOG

2021.12.28

動画SEOの効果とは?成果を上げる方法6つも解説!

動画SEOで効果をあげたいと考えているのではないでしょうか。特に、これから動画SEOを導入する方は、どのような効果があるか気になっている方も多いでしょう。

そこで本記事では、動画SEOで得られる効果から成果を上げる方法まで解説しました。

これから動画SEOを導入しようと考えている方は、ぜひ本記事をご覧ください。

動画SEOとは?

動画SEOとは?

動画SEOとは、Googleなどの検索エンジンで上位表示を獲得するための施策を言います。

別名VSEO(Video Search Engine Optimization)とも呼びます。

適切な動画SEOを行うことで、検索エンジンで上位表示を獲得でき、結果的に集客や売り上げアップにつながります。

動画SEOの効果

動画SEOの効果

動画SEOを行うことで、主に下記の2つの効果が期待できます。

  • 検索流入が増える
  • YouTube内での露出が増える

それぞれ順番にご説明します。

検索流入が増える

動画SEOの大きな効果の1つとして、検索流入が増えることがあげられます。

なぜなら、動画SEOを行うことで制作した動画がGoogleやYahooなどの検索上位に表示され、ユーザーがクリックしやすくなるからです。

そのため、動画SEOで検索上位に表示できれば、検索流入を増やすことができます。

YouTube内での露出が増える

動画SEOを行うことで、YouTube内での露出が増える効果もあります。

  • YouTube内の検索結果で上位表示される
  • 関連動画としてユーザーへのおすすめ動画に表示される

上記のような効果が期待できます。

そのため、動画SEOを行えば、YouTube内での露出を増やすことができます。

動画を記事コンテンツに埋め込むことで得られるSEO効果

動画を記事コンテンツに埋め込むことで得られるSEO効果

また、動画のみでなく、記事に動画コンテンツを埋め込むことでも下記のようなSEO効果が得られます。

  • 精読率が向上する
  • ページの品質が高まる
  • 被リンクやサイテーションを獲得しやすくなる

それぞれ順番にご説明します。

精読率が向上する

精読率とは、ユーザーが記事をどの程度読んだかを表します。

たとえば、スクロールする回数が多かったり滞在時間が多かったりすると、精読率が高くなります。

記事コンテンツ内に動画を埋め込んでおくことで、ユーザーの滞在時間が伸びるため、精読率の向上につながり、結果的にGoogleに評価される材料となります。

ページの品質が高まる

基本的に文章だけでなく、動画を用いて解説されていた方が分かりやすいと感じるユーザーが多いでしょう。

そのため、記事コンテンツ内に動画を埋め込んでおくと、Googleから「ページの品質が高い」と評価される可能性が高くなります。

もちろん記事コンテンツの内容と関連性の高い動画を埋め込んでおくことが前提となります。

被リンクやサイテーションを獲得しやすくなる

  • 被リンク:外部サイトから自サイトへ向けられリンクのこと
  • サイテーション:SNS等で自サイト等を紹介してもらうこと

動画を記事コンテンツに埋めんでおくと、被リンクやサイテーションを獲得しやすくなります。

被リンクやサイテーションを獲得すると、SEO効果があると言われているため、検索エンジンで上位表示されやすくなります。

動画SEOで効果を上げる方法4つ

動画SEOで効果を上げる方法4つ

ここまで動画SEOで得られる効果について解説しました。

ここでは、動画SEOで効果を上げる方法6つをご紹介します。下記の通りです。

  • 構造化データ
  • 動画のサイトマップ送信
  • 動画内容の書き起こしなど
  • 高品質のYouTube動画を使用する

それぞれ順番にご説明します。

構造化データ

構造化データとは、HTMLで書かれた情報を検索エンジンに理解しやすようにタグづけしたものです。

以前までの検索エンジンは、HTMLで書かれた文字列は単なる文字列としてしか認識できず、意味までは理解できませんでした。

たとえば、「CapWorks」という文字列を会社の文字列として判断することは難しいことでした。

そのため、書かれた文字列を意味まで理解して認識させようという考えから生まれたのが構造化データです。

動画の構造化データについては、Google検索セントラルをご覧ください。

動画のサイトマップ送信

サイトマップとは、動画の情報をXMLという形式でリスト化したファイルのことで、これをGoogleに送信することで、Googleに登録してもらいやすくなります。

動画サイトマップについては、Google検索セントラルの動画サイトマップと動画サイトマップの代わりのガイドラインに準拠しましょう。

基本的には、Google Search ConsoleからGoogle側に送信します。

動画内容の書き起こし

現在の検索エンジンのシステムでは、動画の内容を視聴して検索順位を決めているわけではありません。

基本的にはタイトルや概要欄等で動画の内容を把握していると言われています。

そのため、動画内容をテキスト化し、そこに動画も貼っておくことで、動画SEOの効果アップにつながります。

高品質のYouTube動画を使用する

基本的にSEOで最も重要のことは、高品質なものであることです。

なぜなら、視聴者は低品質なものより高品質なものを求めており、仮に低品質なものが検索エンジン上で上位に表示されていた場合、ユーザーはその検索エンジンを使用することが無くなるでしょう。

そのため、Google側もよりユーザーのニーズに応えられるような高品質な動画を検索上位にしたいはずです。

また、動画SEOで検索上位を目指すためには、Googleが運営しているYouTubeを動画フォーマットとして選ぶのが良いでしょう。

まとめ

本記事では、動画SEOの効果や成果を上げる方法について解説しました。

これから動画SEOに取り組もうと考えていている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

弊社では、動画SEOに関するサービスも行っています。

サービスについては、動画SEOで効果を上げる方法と成功事例2つ【サービス紹介】で詳しく解説しているため、動画SEOで出来るだけ早く成果をあげたいと考えている方は、こちらの記事もご覧ください。

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram