BLOG

2021.5.27

AR・VR・MRって何?それぞれの違いや活用事例を紹介!

  • DATE
    2021/05/27
  • LOCATION
  • TYPE

AR・VR・MRという単語はよく聞くけど、いまいち違いが分かりませんよね。

そこで本記事では、AR・VR・MRについてそれぞれ解説していきます。

これからますます発展していく技術ですので、本記事でしっかり理解しておきましょう。

AR・VR・MRの概要

AR・VR・MRの違い

まずは簡単に、AR・VR・MRの概要について解説しておきます。

名称 略(訳) 解説
AR Augmented Reality
(拡張現実)
現実世界に現実には無い新たな情報を付与する技術 ポケモンGO、SNOW
VR Virtual Reality
(仮想現実)
現実とは異なる仮想の世界に入ることができる技術 PlayStation VR、Oculus Quest 2
MR Mixed Reality
(複合現実)
仮想世界と現実世界を融合させる技術 Microsoft HoloLens、MREAL

 

  • AR:拡張現実
  • VR:仮想現実
  • MR:複合現実

上記の通りです。

MRは、ARとVRをミックスし、発展させたような技術と言えます。

それぞれについてさらに詳しく解説していきますね。

AR(拡張現実)とは?

AR(拡張現実とは?)

ARとは、Augmented Realityの略で、拡張現実のこと。

現実世界に新たな情報を付与する技術で、仮想世界は、現実世界を拡張するために使われます。

あくまで現実世界がベースで、現実世界に仮想世界の情報を与えていくイメージですね。

ARの代表例

ARが使われている代表的な例としては、

  • ポケモンGO
  • SNOW

が挙げられます。

ポケモンGOでは、ARの技術を用いて、現実世界にポケモンというキャラクターを映し出すことができます。

ポケモンGo

現実世界に仮想世界のポケモンを投影するイメージですね。

また、場所によってレアポケモンが出現するなど、ゲームとしても面白い要素がたくさんあります。

SNOWでは、ARの技術を用いて、顔に加工を施すことができます。

snow 例

顔の周りに情報を付与するだけでなく、体型をシャープにしたりメイクをしたりすることもできます。

ARは、ポケモンGOやSNOWのように基本的にスマホで体験できるため、親しみやすい技術の1つと言えるでしょう。

ARの活用事例

ARは今回挙げたゲームやアプリだけでなく、下記のような分野で活用が見込まれています。

  • 広告・プロモーション表現
  • 設置シミュレーション
  • 物流・管理作業者への指示
  • 保守・メンテナンス

例えば、設置シミュレーションでARを活用すると、大きな物や重い荷物を直接その場所に設置する手間が省けるため、人件費や設置コストを削減できます。

また、物流・管理作業者への指示では、倉庫などの物がたくさんある場所で特定の物をピッキングする際に、ARを使って直接矢印等の指示を出すことで人的ミスを防ぐことができます。

このように、ARを活用することでミスやコスト削減等に繋がるため、様々な分野での活用が見込まれています。

VR(仮想現実)とは?

仮想現実(VR)とは?

VRとは、Virtual Realityの略で、仮想現実のこと。

現実世界とは異なる仮想世界に入ることができる技術です。

仮想世界とは、コンピュータによって作り出した世界のことで、現実には存在しない世界です。

ARが現実世界に仮想世界の情報を付与するのに対し、VRは完全に仮想世界である点が大きな違いですね。

VRの代表例

VRの代表的な例としては、

  • PlayStation VR
  • Oculus Quest 2

が挙げられます。

PlayStation VRでは、VRの世界でゲームをすることができます。

PSVR

ゲームの世界にまるで自分がいるかのような体験ができるイメージですね。

PlayStation VRでできる代表的なゲームとしてはバイオハザード7などがあり、世界でも人気になっています。

Oculus Quest 2もPlayStation VRと同様に、VRの世界でゲームをすることができます。

オキュラスクエスト2

また、ソーシャルVRと呼ばれるVRChatなどを利用すると、VR空間上で不特定多数とコミュニケーションを取ることも可能です。

映画サマーウォーズのような世界観が現実に体験できるという感じですね。

VRは、基本的にPlayStation VRやOculus Quest 2のようなヘッドマウントディスプレイが必要になります。

とはいえ、ヘッドマウントディスプレイは数千円〜手に入るため、VRもARと同様に身近になってきている技術と言えます。

VRの活用事例

VRは、下記のような分野で活用が見込まれています。

  • スポーツ鑑賞
  • 広告・プロモーション表現
  • 医療現場

例えば、スポーツ鑑賞にVRを活用すれば、360度好きな場所を観ることができるため、臨場感や没入感のアップに繋がります。

また、医療現場にVRを活用すれば、実際の手術の様子をよりリアルに共有することができるため、医師の技術力向上や教育に繋がります。

さらに、難しい手術を事前にVRで体験しておけば、手術の失敗確率を大いに下げることができるはずです。

このように、VRを活用することで技術の精度向上や教育等コスト削減に繋がるなど、様々な分野での活用が見込まれています。

MR(複合現実)とは?

MR(複合現実)とは?

MRとは、Mixed Realityの略で、複合現実のこと。

仮想世界と現実世界を融合させる技術です。

現実世界と仮想世界が同時に目の前に存在するイメージですね。

ARと似ていると感じるかもしれませんが、実際にはその逆で、現実世界で受け取った情報を仮想世界に反映させています。

VRと同様に、ヘッドマウントディスプレイのような専用ゴーグルを着用して使用します。

MRを用いると、下記のようにSF映画のようなことができるのも夢ではありません。

MR 例

MRの代表例

MRの代表例としては、

  • Microsoft HoloLens
  • MREAL

が挙げられます。

https://youtu.be/KXkmyhoIcGQ

Microsoft HoloLensは、その名の通り、Microsoftが開発したMR用のホロレンズグラスです。

MREAL

Microsoft HoloLensを使用すると、現実世界の中に3Dホログラム映像が現れ、手の動きや体の動きで操作することができるようになります。

MREALは、日本のキャノンが開発したMR用のヘッドマウントディスプレイです。

実寸大の3Dデータを現実世界の映し出すことができます。

特に製造業や建設業などで、実際に作成する前の事前検証をスムーズに低コストで行えることなどが期待されています。

MRの活用事例

MRは、下記のような分野で活用が見込まれています。

  • 作業現場
  • 設置シミュレーション
  • エンタメ
  • 医療現場

例えば、作業現場にMRの技術を活用すれば、作業指示書や説明書などを空間上に表示させておくことができるので、作業効率を向上させることができます。

また、設置シミュレーションでMRを用いると、ARよりもさらにリアルなシミュレーションを見ることが可能です。

医療現場では、患者の臓器の状態等を見やすく空間上に表示させておくなども可能になり、手術の失敗確率を下げたり、手術スピードをアップしたりなどにも繋がるはずです。

このようにMRを活用すると、作業の効率化やシミュレーション精度の向上によるコストの削減などの活用が期待されています。

まとめ

まとめ

もう一度まとめておくと、AR・VR・ MRの違いは下記の通りです。

名称 略(訳) 解説
AR Augmented Reality
(拡張現実)
現実世界に現実には無い新たな情報を付与する技術 ポケモンGO、SNOW
VR Virtual Reality
(仮想現実)
現実とは異なる仮想の世界に入ることができる技術 PlayStation VR、Oculus Quest 2
MR Mixed Reality
(複合現実)
仮想世界と現実世界を融合させる技術 Microsoft HoloLens、MREAL

今後、AR・VR・MRはさらに活用されていく機会が増えることが予想されています。

この機会にそれぞれの技術の特徴を抑え、新しい時代に取り残されないようにしましょう。

 

月別アーカイブ

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram