BLOG

2022.4.30

イメージ動画とは?活用事例3つと制作する際のポイント3つを解説!

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

イメージ動画を活用し、商品やサービスのメリットを伝えたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

特に、文章や画像だけではなかなか伝わりづらい商品などは、イメージ動画の利用が最適です。

そこで本記事では、イメージ動画について、活用シーンや制作のポイントについて解説しました。

これからイメージ動画を制作し、商品のメリットをしっかり伝えていきたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

イメージ動画とは?

イメージ動画とは?

イメージ動画とは、企業や商品、サービスなどのイメージを視覚化する動画のことです。

たとえば、初めてパソコンやスマホを触った際、何ができるのか想像できずに購入まで至った人は少ないのではないでしょうか。

  • 商品・サービスの利用方法がわからない場合
  • 新商品やサービスなどこれまで世の中に無かったものの場合

上記のような場合、ユーザーは購入をためらってしまいがちです。

そのため、イメージ動画を活用し、使用方法や利用イメージを分かりやすく伝えることで、購入を促すことができます。

イメージ動画の活用シーン

実際に、イメージ動画は下記のようなシーンでよく利用されます。

  • サービス開始時
  • 商談など、サービス全体のイメージを視覚的に伝えたいとき
  • 展示会

イメージ動画で分かりやすく伝えることができれば、その後の話やセールスも聞いてもらいやすくなります。

そのため、イメージ動画はアイキャッチのような目的で使用されることもあります。

イメージ動画を活用するメリット

イメージ動画を活用するメリット

ここでは、イメージ動画を活用するメリットを解説します。

イメージ動画を活用するメリットは、下記の通りです。

  • 商品・サービスのコンセプトを伝えられる
  • 商品・サービスの利用イメージを伝えられる
  • 使用することによって得られる世界観を伝えられる

それぞれ順番にご説明します。

商品・サービスのコンセプトを伝えられる

イメージ動画を使用することで、商品やサービスのコンセプトを表現できます。

ものが溢れ、差別化が難しなってきた現在では、イメージ動画によって伝えることができたコンセプトの違いで利用促進に繋げることができます。

商品・サービスの利用イメージを伝えられる

イメージ動画を使用することで、商品・サービスの利用イメージを伝えられます。

新しい商品やサービスで普及してないサービスに特に効果的です。

利用イメージを伝えた上で、機能性を伝えるとより興味を持ってもらいやすくなります。

使用することによって得られる世界観を伝えられる

イメージ動画を通して、商品やサービスを使用することで得られるベネフィットを上手く伝えられます。

特に、ユーザーは「対象の商品やサービスを利用することで、生活にどのようなメリットがあるのか」を考えているため、非常に有効な手段になります。

イメージ動画の活用事例3つ

イメージ動画の活用事例3つ

ここでは、イメージ動画の活用事例を3つご紹介します。

BOTANISTボタニカルシャンプー

こちらはボタニカルシャンプーというシャンプーのイメージ動画です。

植物成分由来というシャンプーやトリートメントの特徴を伝えつつ、使用することによって得られる世界観を上手く表現しています。

ボタニカルシャンプーについて全く知らなかった人でも、イメージ動画を見た後で、どのようなシャンプーなのか理解できる状態になっているかと思います。

LUUP

こちらは電動キックボードシェアアプリ「LUUP」のイメージ動画です。

スマホで簡単に利用できる様子や坂道でも問題なく登れる様子を動画で伝えています。

また、小回りが利いたり、車体自体が小さいため、路地でもスイスイと進める様子が伝わってきます。

KARTE

ウェブサイトやスマホから顧客の行動や経験、感情の変化を解析・可視化し、顧客中心の体験を創るというKARTEというサービスのイメージ動画です。

顧客体験は人それぞれ。イメージ動画では、顧客の体験を上手く可視化することで、サービスの世界観を表現しています。

イメージ動画を制作する際におさえておきたいポイント3つ

イメージ動画を制作する際におさえておきたいポイント3つ

ここまで、イメージ動画について事例などを踏まえてご紹介してきました。

ここからは、イメージ動画を作る際に抑えておきたいポイントを4つ解説します。下記の通りです。

  • 目的を明確にする
  • ターゲットを絞る
  • 伝えたいことを絞る

それぞれ順番にご説明します。

目的を明確にする

まずは、イメージ動画の目的を明確にしておきましょう。

  • 商品・サービスのコンセプトを伝える
  • 商品・サービスの利用イメージを伝える
  • 商品・サービスの世界観を伝える

上記のように、イメージ動画と言っても目的は様々です。

そのため、どのような目的でイメージ動画を制作したいのかあらかじめ決めておきましょう。

ターゲットを絞る

イメージ動画を作る際は、あらかじめターゲットを絞っておきましょう。

なぜなら、ターゲットによってイメージ動画の内容が変わってくるからです。

たとえば、若い人なのか、男性なのか女性なのかなど、見てほしい人をしっかり定めておきましょう。

伝えたいことを絞る

伝えたいことは、出来るだけ少なく絞り込みましょう。

伝えたいことが多すぎると、結局何も伝わらない場合が多いです。

そのため、何が一番伝えたいのかを考え、伝えたいことを絞り込みましょう。

まとめ:イメージ動画を活用しよう!

本記事では、イメージ動画の活用事例や制作のポイントについて解説しました。

イメージ動画を活用することで、商品やサービスをしっかり理解してもらうことに役立ちます。

良いイメージ動画を制作するには、良い動画制作会社を選定する必要があります。

動画制作会社の選び方については、動画制作会社の選び方7つのポイントと依頼前の準備4つを解説!の記事で解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram