BLOG

2022.6.18

動画マニュアルを活用する6つのメリットと2つのデメリットを解説!

動画マニュアルを制作しようとお考えなのではないでしょうか。

しかし、実際に制作する前に、動画マニュアルのメリット・デメリットについてしっかり把握しておきたい方も多いでしょう。

そこで本記事では、動画マニュアルのメリット・デメリットや紙より動画マニュアルがおすすめのケースについて解説しました。

これから動画マニュアルを制作しようとお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

動画マニュアルの6つのメリット

動画マニュアルの6つのメリット

動画マニュアルを制作しておくことで、非常に多くのメリットを享受できます。

ここでは、その中でも特に大きいメリットを7つご紹介します。下記の通りです。

  • 理解度が高まる
  • 場所や時間に関係なく視聴できる
  • コスト削減につながる
  • 紛失リスクが無い
  • 言語の壁を越えられる
  • スキルや作業クオリティの均質化につながる

それぞれ順番にご説明します。

理解度が高まる

1つ目のメリットは、理解度が高まる点です。

動画マニュアルを使用することで、映像と音声による説明ができるため、視聴者の理解度が高まります。

もちろん、しっかりとした動画マニュアルが制作されていることが前提ですが、紙のマニュアルと比べると、動画マニュアルの方が圧倒的に情報量が多いです。

場所や時間に関係なく視聴できる

2つ目のメリットは、場所や時間に関係なく視聴できる点です。

動画マニュアルであれば、ネット環境のみでどこでも視聴できます。また、ダウンロードしておけば、ネット環境が無くても視聴できます。

紙のマニュアルの場合、持ち運ぶ必要があるため、確認できる場所が限定的になってしまいます。

そのため、場所や時間に関係なく視聴できるのは、動画マニュアルのメリットと言えるでしょう。

コスト削減につながる

3つ目のメリットは、コスト削減につながる点です。

動画マニュアルを使用することで、紙の使用コストを削減できます。

また、マニュアルを教えるために人を雇ったり、熟練者による教育の時間を確保していた場合などは、そのようなコストも削減できるでしょう。

マニュアルの紛失リスクが無い

4つ目のメリットは、紛失のリスクが低い点です。

動画マニュアルの場合、紙などのものではないため、紛失リスクがありません。

そのため、管理のためのコストもかからない点も大きなメリットと言えます。

言語の壁を越えられる

5つ目のメリットは、言語の壁を越えられる点です。

動画マニュアルの場合、言葉が分からない方にも映像で伝えることができます。

特に、外国人労働者の方が多い職場では、動画マニュアルを活用することで、大きな効果を得られるでしょう。

スキルや作業クオリティの均質化につながる

6つ目のメリットは、スキルや作業クオリティの均質化につながる点です。

動画マニュアルは紙のマニュアルより伝わりやすいため、スキルや作業クオリティの差異が出にくくなります。

そのため、スキルや作業クオリティの均質化につなげたい場合も動画マニュアルがおすすめです。

動画マニュアルの2つのデメリット

動画マニュアルの2つのデメリット

ここまで動画マニュアルのメリットについて解説してきました。

ここでは反対に、動画マニュアルのデメリットについて解説していきます。下記の通りです。

  • 閲覧用の端末が必要
  • 動画マニュアルを作成する際の工程が多い

それぞれ順番にご説明します。

閲覧用の端末が必要

1つ目のデメリットは、閲覧用の端末が必要な点です。

動画マニュアルは、場所や時間に縛られることなく視聴可能ですが、閲覧用の端末は必須です。

しかし、近年では、ほとんどの方が各自のスマホを持っているため、閲覧用の端末が別途用意できない場合は、各自のスマホで見てもらう形にすればOKです。

動画マニュアルを作成する際の工程が多い

2つ目のデメリットは、動画マニュアルを作成する際の工程が多い点です。

動画マニュアルを作成する際は、下記のようにいくつかの工程が必要で、素人では難しい場合もあるでしょう。

  • 目的・目次を明確にする
  • 台本を作成する
  • 動画を撮影編集する

一方で、紙のマニュアルであれば、文章が書ける人であれば、基本的に誰でも作成できます。

そのため、少し作成の難易度が高い点は動画マニュアルのデメリットと言えるでしょう。

紙より動画マニュアルがおすすめのケース

紙より動画マニュアルがおすすめのケース

ここでは、紙のマニュアルより動画マニュアルがおすすめのケースをご紹介します。下記の通りです。

  • 実際の動きを見せたい場合
  • 技術やスキルを伝えたい場合
  • 受講者の理解度に大きな差がある場合

それぞれ順番にご説明します。

実際の動きを見せたい場合

実際の動きを見せたい場合は、動画マニュアルの方がおすすめです。

当たり前ですが、紙マニュアルの場合、動きまでは伝えることができません。

そのため、実際の動きを伝えたい場合は、動画マニュアルの利用がおすすめです。

技術やスキルを伝えたい場合

技術やスキルを伝えたい場合は、動画マニュアルがおすすめです。

たとえば、金属加工の技術を伝える場合、紙のマニュアルで事細かに手順が記載してあるよりも、動画マニュアルで実際に行なっているところを見せた方が早いでしょう。

このように、技術やスキルを伝えたい場合は、動画マニュアルの方がおすすめです。

受講者の理解度に大きな差がある場合

受講者の理解度に大きな差がある場合も動画マニュアルを使用した方が良いでしょう。

先述の通り、動画マニュアルであれば、スキルや作業クオリティの均質化につながります。

そのため、受講者の理解度に大きな差がある場合は、動画マニュアルを使用しましょう。

紙のマニュアルの方が効果的な場合

紙のマニュアルの方が効果的な場合

反対に、紙のマニュアルの方が効果的な場合もあります。下記の通りです。

  • 高齢者など動画の扱いに慣れていない場合
  • 必要な箇所をすぐに確認したい場合

基本的に高齢者などが多く、動画の扱いに慣れてない場合は紙のマニュアルの方が良いでしょう。

また、必要な箇所をすぐに確認したい場合など、紙の方が早い場合も紙のマニュアルの方が効果的です。

まとめ:動画マニュアルのメリットを活かそう

本記事では、動画マニュアルのメリットやデメリットについて解説しました。

動画マニュアル、紙のマニュアルの両方に、メリットやデメリットが存在します。

そのため、どちらを使用した方がメリットが大きいかを考えて使い分けていくと良いでしょう。

「今回の場合、動画マニュアルの方がメリットが大きいな」と感じた方は、動画マニュアルとは?効果的な作り方や事例2つを解説!で動画マニュアルの作り方等を解説しているため、合わせてご覧ください。

     

人気記事

 

おすすめ記事

     

新着記事


月別アーカイブ

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram