BLOG

2021.10.16

動画マーケティングの基本から成功事例、ポイント3つを解説!

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

動画で集客したいと考え、動画マーケティングを学ぼうと考えているのではないでしょうか。これから5Gに移り変わっていくことを考えると、動画マーケティングは必須になっていきます。

そこで本記事では、動画マーケティングの基本からメリット、デメリット、成功事例やポイントを含めて解説します。

これから動画マーケティングを学んでみたい方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、動画を使用して自社のサービスや商品などを発信していくマーケティング手法のことです。

例えば、YouTubeで自社の魅力やサービス、商品などを解説する動画を定期的にアップするのも動画マーケティングの一環です。

動画マーケティングはただ動画を作成して公開するだけでなく、「どの媒体で掲載するか」「公開後の再生数や視聴者層の確認」といったことが必要になります。

これらの動画を発信する前の準備から公開後の効果測定まで全て含めて動画マーケティングと呼んでいます。

動画マーケティングが注目されている理由3つ

動画マーケティングが注目されている理由3つ

動画マーケティングが注目されている理由には、主に下記の3つがあげられます。

  • スマートフォンの普及でどこでも動画が見れるようになったこと
  • 動画コンテンツを投稿できるプラットフォームが増えたこと
  • 動画がより身近になったこと

特にYouTubeの人気は高く、「テレビは見ないけどYouTubeは見る」という10代〜20代の方が増えています。

また、2020年12月に株式会社ベネッセコーポレーションが実施した「YouTubeの利用実態に関する調査」では、男女共になりたい職業ランキングTOP5以内にユーチューバーが選ばれています。

動画マーケティングのメリット3つ

動画マーケティングのメリット3つ

動画マーケティングのメリットは、下記の3つがあげられます。

  • 予算が大きくかからないこと
  • 視聴までのハードルが低く、拡散されやすいこと
  • 特定の層にアプローチしやすく、効果測定もできること

既に動画投稿用のプラットフォームがいくつも用意されているため、動画が作成できれば、大きな費用はかかりません。また、動画はテキストと違い、再生すれば自動的に流れるため視聴までのハードルも低く、拡散されやすいといった特徴があります。

動画マーケティングのデメリット2つ

動画マーケティングのデメリット2つ

反対に、動画マーケティングのデメリットは下記の2つがあげられます。

  • 高クオリティの動画を定期的にあげ続ける必要がある
  • 成果が出るまでに時間がかかる

基本的に動画マーケティングは時間がかかります。

今有名なユーチューバーの方も1本の動画だけでファンが増えたり有名になったりしたわけではありません。

高クオリティの動画を定期的にあげ続けることで今の地位を築いています。そのため、動画マーケティングで成功するためには、成果が出てないうちも高クオリティの動画を出し続け、徐々にファンや自社の認知に繋げていく必要があります。

動画マーケティングの成功事例3つ

ここでは、動画マーケティングの成功事例を3つほどご紹介します。

freeeの確定申告の動画

「会計ソフトfreee」の動画マーケティング事例です。

実際に会計ソフトfreeeを使った確定申告の方法を解説することで、ユーザーが動画を見ながら確定進行できるようにしています。

チャンネル内にfreeeのURLを設置しておくことで、成約に繋がっています。

コメリ パワーの動画

コメリ パワーの動画マーケティング事例です。

「グッバイ特売日」という単語でユーザーの興味を惹き、動画の続きが気になるようにしています。また、その中でコメリ パワーの特徴を説明し、ホームページにすぐにアクセスできるようにURLも設置しています。

三朋企業の採用動画

三朋企業の動画マーケティング事例です。

採用動画と思えないほどのインパクトのある動画に仕上げ、ユーザーの興味を惹いています。

この動画を作成したことで、学生の応募数が4〜5倍に増え、動画を掲載したことでホームページのアクセスも4〜5倍に増加したと発表しています。

動画マーケティングのポイント

動画マーケティングのポイント

最後に、動画マーケティングを成功させるポイントについても解説しておきます。動画マーケティングを成功させるポイントは下記の3つです。

  • ターゲットと配信場所を決める
  • 最初にインパクトがある動画を作成する
  • クオリティの高い動画を作成する

それぞれ順番にご説明します。

ポイント①:ターゲットと配信場所を決める

まずは、ターゲット層と配信プラットフォームを決めましょう。理由は下記の2つです。

  • ターゲット層に刺さる動画を制作する必要があるため
  • ターゲット層が利用するプラットフォームで動画を投稿する必要があるため

ターゲット層を定め、ニーズを満たす動画を制作することで、より動画マーケティングの効果が高まります。

ポイント②:最初にインパクトがある動画を作成する

動画の最初の数秒によりインパクトがあるような動画を作成しましょう。

ユーザーは最初の数秒で興味があるか、自分に関係あるかを判断します。

動画もまずは見てもらわないことには意味がないため、最初の数秒は特にインパクトがあるように作成しましょう。

ポイント③:クオリティの高い動画を作成する

動画のクオリティが担保されていないと、どれだけ小手先のテクニックを使おうと、売り上げアップ等に繋がりません。そのため、まずはクオリティの高い動画を制作することを心がけましょう。

自社内で動画制作のノウハウが無い場合は、動画制作会社等に依頼することを考えましょう。

基本的に動画制作会社は、動画マーケティングの知見も持っているため、制作を依頼してしまう方が早い場合もあります。

動画制作会社に依頼する際の注意点等に関しては、映像制作を依頼するメリットや事前に準備しておくこと3つを解説!で解説しているため、合わせてご覧ください。

まとめ

本記事では、動画マーケティングの基本からメリット、デメリット、成功事例やポイントについて解説しました。

動画マーケティングをうまく行っていくとで、自社商品の認知や新規顧客獲得につながります。そのため、まずは、ターゲット層や配信プラットフォームを定め、クオリティを担保した動画を制作することが始めてみてはいかがでしょうか。

 

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram