BLOG

2022.2.16

今後の映像制作の需要はどう?不安や懸念事項2つを解説!

YouTubeやショート動画、Instagramなどをよく利用していく中で、「映像制作してみようかな」と考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、映像制作の今後の需要に不安や懸念を感じている場合もあるでしょう。

そこで本記事では、映像制作の今後の需要や映像制作業界で活躍し続けるために必要なことを解説しました。

これから映像制作を始めようか悩んでいる方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

映像制作の需要が高まっている理由3つ

映像制作の需要が高まっている理由3つ

現状、映像制作の需要は高まり続けています。理由は下記の3つです。

  • 5Gの拡大により動画市場が拡大
  • YouTube等の動画コンテンツの需要増加
  • コロナによる巣篭もり需要の拡大

それぞれ順番に解説します。

5Gの拡大により動画市場が拡大

5Gが拡大することで、通信速度が大幅に向上します。

通信容量の制限が無くなるため、外出先で映像を見る人も増えるでしょう。

また、今まで以上に快適に映像を見れるため、視聴時間が伸びることも予想されています。

したがって、5Gの拡大と共に映像制作の需要も高まります。

YouTube等の動画コンテンツの需要増加

スマホの普及により、YouTubeやNetflixなど、動画コンテンツそのものの需要も拡大しています。

特に、スマホからの動画の視聴は5年間で約4倍以上にもなっていると言われており、今後も拡大していくと言われています。

コロナによる巣篭もり需要の拡大

コロナによる巣篭もり需要の拡大も映像制作の需要が高まっている要因の1つでしょう。

家にいる時間が増えたため、映像を見る人が増えました。

そのため、映像制作の需要も高まっていると言えます。

映像制作の将来的な不安や懸念2つ

映像制作の将来的な不安や懸念2つ

需要が高まっている映像制作ですが、将来的な不安や懸念もあります。下記の2つです。

  • 簡単な映像制作の仕事の飽和
  • AIによる映像制作技術の向上

それぞれ順番にご説明します。

簡単な映像制作の仕事の飽和

映像制作初心者でもできるような仕事は飽和状態になってきていると言えるでしょう。

たとえば、簡単なカット編集やテロップ挿入などです。

飽和状態になると、単価が安くなってしまうため、こういった仕事はあまり受けない方が良いでしょう。

AIによる映像制作技術の向上

今後、AIの技術が向上することで、簡単な映像制作の仕事は代替されてしまう可能性があります。

たとえば、先ほど挙げたカット編集やテロップ挿入などは、AIに奪われてしまう仕事の典型的な例と言えるでしょう。

そのため、本気で映像制作を仕事にしていくためには、間の使い方や笑いどころなど、人間的な部分を押し出すような映像制作技術が必要になってきます。

映像制作業界で活躍し続けるために必要なこと3つ

映像制作業界で活躍し続けるために必要なこと3つ

将来的な不安や懸念事項はあるものの、制作者として必要なことを抑えていればまだまだ活躍できる業界だと言えます。

具体的には、下記の3つが必要です。

  • 映像制作の基本的なスキル
  • 他の映像制作者との差別化
  • 常に勉強し続ける姿勢

それぞれ順番にご説明します。

映像制作の基本的なスキル

絶対条件として、映像制作の基本的なスキルは必要です。

  • テロップ挿入
  • カット編集
  • BGM挿入
  • 効果音挿入

上記のような、基本的なスキルはしっかり身につけておきましょう。

他の映像制作者との差別化

他の映像制作者との差別化も必要になります。

なぜなら、「この人に制作を依頼したい」や「この人が作った映像が見たい」と思われないと、仕事獲得に繋がっていかないからです。

たとえば、新海誠さんの作品を見たいのは、ストーリーはもちろんのこと、新海誠さんの映像が美しく、見た人を魅了するからだと思います。

もちろんあそこまで映像のクオリティを上げる必要はありませんが、他の映像制作者と違い「マーケティングに精通している」や「特定の分野の映像制作に強い」などの差別化は必要になってきます。

映像制作に必要なスキルについては、映像制作で必要なスキル8つと身につける方法について解説!でも詳しく解説しているため、合わせてご覧ください。

常に勉強し続ける姿勢

どの仕事もそうかもしれませんが、映像制作の仕事も常に勉強し続ける姿勢が重要です。

なぜなら、映像制作業界にもトレンドや最新スキルなどがあるからです。

古い映像ばかり制作していてもそこに需要は生まれません。

常に勉強し、トレンドや最新のスキルを身につけていくようにしましょう。

今から始めるならショート動画がおすすめ

今から始めるならショート動画がおすすめ

今から映像制作を始めるのであれば、ショート動画から始めてみると良いでしょう。

ショート動画は非常に流行っていますし、動画そのものが短いため、通常の映像より比較的簡単に制作することができます。

制作後は、TikTokやYouTubeなどに投稿してみて、視聴者の反応を見ましょう。

実際に視聴者からフィードバックしてもらうことで、映像制作スキルを高めていけます。

実際に世間に公開し、反応を見つつ修正していく方が、スキルアップの速度も速いため、制作後はすぐに公開するようにしましょう。

まとめ

本記事では、映像制作の需要について解説しました。

これから映像制作を始めても十分に活躍できます。

特に、需要が高まっている今だからこそ始める価値があると言えるでしょう。

まずは、1本制作し実際に公開してみましょう。

自分が映像制作に向いているかどうか悩んでいる場合は、映像制作に向いている人の特徴6つと年収を解説!も合わせてご覧ください。

     

人気記事

 

おすすめ記事

     

新着記事


月別アーカイブ

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram