BLOG

2021.10.31

映像制作で必要なスキル8つと身につける方法について解説!

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

映像制作において必要なスキルを知りたいと考えているのではないでしょうか。編集スキルは有名ですが、その他にはどのようなスキルが必要なのか知りたい方も多いでしょう。

そこで本記事では、映像制作で必要なスキル8つと身につける方法まで解説しました。

これから映像制作業界で働いてみたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

映像制作者に必要なスキル

映像制作者に必要なスキル

映像制作者には、大きく分類すると下記の2つのスキルが必要です。

  • 映像制作スキル
  • ビジネススキル

それぞれ順番にご説明します。

映像制作スキル

一言で映像制作スキルといっても、下記のように非常に多くのスキルがあります。

  • 撮影
  • 企画・演出
  • 編集
  • アニメーション
  • デザイン
  • マーケティング
  • 音響

全てのスキルができるようになるには非常に時間がかかるため、基本的にはまずはどれか1つのスキルを極めることになります。

例えば、撮影ならカメラワークや構図についての勉強をする必要がありますし、編集ならテロップやBGMをつけるといった編集スキルを身につける必要があります。

1つでもスキルを身につけることができれば、ある程度仕事ができるということなので、映像制作業界にいっても仕事を貰うことができるでしょう。

したがって、まずはスキルを身につけるために勉強していくことになります。

»映像制作の仕事の種類8つと仕事内容について解説!

ビジネススキル

一人で映像制作関係の仕事をしていく場合や映像制作会社を経営する場合などは、ビジネススキルも必要になります。具体的には、下記のようなものが挙げられます。

  • 顧客のニーズを汲み取って映像に反映させる力
  • 企画力
  • マネジメント力
  • 顧客に説明する力

基本的に映像制作は映像を作るだけでなく、人とのコミュニケーション能力や他のメンバーをマネジメントする力など、直接映像制作に関係ない部分も必要になります。

そのため、映像制作のスキルを身につけることも大切ですが、同時に基本的なビジネススキルも必要になってきます。

未経験から映像制作スキルを身につける方法

未経験から映像制作スキルを身につける方法

未経験から映像制作スキルを身につけるには、下記の3つの方法があります。

  • 独学
  • 映像制作関係の学校に通う
  • 映像制作会社に転職

基本的には、映像制作会社に転職して実際の現場から学んでいく方が成長が早いです。しかし、未経験からいきなり映像制作会社に転職が難しい場合も多いでしょう。

そのような場合は、「まず独学で編集スキル等のスキルを学習する」→「自分で映像を作ってみる」→「作った映像をポートフォリオにして転職活動を行う」という流れで行うと良いでしょう。

ポートフォリオがあると、映像制作会社側もあなたにどの程度のスキルがあって、どの程度映像制作業界へ行きたいかという本気度が伝わります。

映像制作関係の学校に通うのも一つの手ではありますが、お金や時間も多くかかりますし、コスパを見てもそこまで良くはありません。

そのため、出来るだけ早く現場に入ってしまうのがおすすめです。

補足:資格は必要ない

「映像制作会社に転職するために、取っておいた方が良い資格はありますか?」という質問をよく見ますが、正直なところ資格よりスキルや実績の方が重宝されます。

そのため、資格を獲るために何ヶ月も学習に充てるのであれば、スキルをつけたり実績をつけたりする方に時間を費やした方が良いです。

映像制作の資格に関しては、映像制作に必要な資格と取得したい場合の方法2つを解説!でも詳しく解説しているため、合わせてご覧ください。

映像制作者に向いている人

映像制作者に向いている人

映像制作者に向いている人は、下記のような人です。

  • 意欲がある
  • 映像コンテンツが好き
  • アートが好き
  • 他の人の作品を参考にできる
  • 協調性がある
  • コミュニケーションをとることが得意

上記に当てはまる人は、映像制作業界への転職を考えてみても良いでしょう。

映像制作者に向いている人に関しては、映像制作に向いている人の特徴6つと年収を解説!でも詳しく解説しているため、合わせてご覧いただくとよりどのような人が向いているか分かるかと思います。

映像制作の将来性

映像制作の将来性

最後に、映像制作の将来性に関して簡単にご紹介します。

映像制作の将来性をまとめると、下記のような感じです。

  • 映像制作の需要は高い
  • 簡単な編集等の仕事は飽和する可能性がある
  • より差別化が必要になる

動画プラットフォームの増加や5Gの普及に伴い、映像制作自体の需要は増加しています。しかし、それに伴って映像制作関係の仕事に携わる人も増えており、特に動画編集等の仕事は多くの人が行っているため、より飽和していく可能性が高いでしょう。

また、映像制作関係の仕事に携わる人が増えているということは、単純な映像制作ではライバルが多くなりすぎるため、より差別化が必要になってきます。

そのため、「需要自体は高いが簡単な仕事は飽和し、より差別化が求められるようになる」というのが、映像制作業界の将来性であると予想されます。

まとめ

本記事では、映像制作に必要なスキルについて解説しました。

  • 映像制作スキル
  • ビジネススキル

上記2つのスキルが必要で、その中でもさらに、撮影スキルや編集スキルなどに細かく分けられます。

全てのスキルを一気に身につけることは不可能なため、まずは編集スキルなど、1つのスキルをつけることから始めてみてはいかがでしょうか。

»映像制作なら株式会社CapWorks

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram