BLOG

2021.10.28

映像制作の仕事の種類8つと仕事内容について解説!

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

映像制作の仕事の種類と仕事内容について興味がある方は多いのではないのでしょうか。特に編集作業者以外でどのような仕事があるか知りたい方は多いことでしょう。

そこで本記事では、映像制作の仕事の種類8つとそれぞれの仕事内容について解説しました。

これから映像制作業界へ転職等を考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

映像制作に携わる仕事の種類8つと仕事内容

映像制作に携わる仕事の種類8つと仕事内容

ではさっそく、映像制作に携わる仕事の種類8つをご紹介します。下記の通りです。

  • 映像制作スタッフ
  • プロデューサー
  • ディレクター
  • AD(アシスタントディレクター)
  • 技術スタッフ
  • カメラマン
  • 編集者
  • 音声スタッフ

それぞれ順番にご説明します。

映像制作スタッフ

映像制作スタッフとは、映像制作全体を管理する人のことです。

たとえば、下記のような仕事があります。

  • 映像企画の作成
  • 撮影の指揮
  • 仕事全体のスケジューリング

映像制作の戦略的な部分を担う人材で、映像制作スタッフの力量次第でヒットする映像を作り出せるかどうかが決まってくると言っても良いでしょう。

映像制作に関する知識や技術だけでなく、視聴者を魅了するための心理学やマーケティング力、マネジメント力も必要になります。

プロデューサー

プロデューサーは、「映像制作統括」とも呼ばれる職種で、映像制作全体の責任者です。

  • 企画の考案
  • 進行チェック
  • 予算決定
  • 人材キャスティング

上記にように、幅広い業務をこなす必要があります。

そのため、プロデューサーの力量で映像のクオリティや完成度が変わってくると言われており、非常に重要なポジションになります。

基本的に映像に関わる様々な経験をした人が担当するポジションのため、目指している方は多くいます。

マネジメント力はもちろんのこと、全体を見渡せる視野や業界や人材との繋がりも必要になってきます。

ディレクター

プロデューサーが「全体」を統括するのに対して、ディレクターは「現場」の指揮を執るポジションです。

プロデューサーのイメージを現場に伝え、イメージ通りに映像に反映することが仕事になります。

他の現場スタッフや編集スタッフに指示を出す役目も担っています。

主に、マネジメント力が必要になるポジションです。

AD(アシスタントディレクター)

基本的に映像制作を始めたばかりの人が担うポジションです。

主に、ディレクターのサポートを行い、現場がうまくまわるようにします。

  • 情報の事前調査
  • 会場・道具の準び
  • キャストのスケジューリング
  • 提携先への連絡

上記のように、仕事内容は多岐に渡ります。

ADの働きぶりによって現場がうまくまわるかどうかが決まるため、こちらも重要なポジションの1つと言えます。

ADで一人前になって初めて、ディレクターやプロデューサーといったポジションも見えてきます。

技術スタッフ

ヘアメイクや特殊メイクなど、特定の専門技術を持っているのが技術スタッフになります。

全体ではなく、特定の専門分野に特化していることで高い評価を得ることができますが、技術が無ければ仕事が回ってこないという厳しい面もあります。

カメラマン

実際に映像制作で使用する写真や映像を撮影するのがカメラマンの仕事です。

要望に応じて優れた写真や映像を撮影する技術が求められます。また、重たい機材をもったり、足場の悪いところでも撮影する必要があったりするため、体力や集中力が必要な仕事です。

編集者

撮影された映像にテロップやBGMを追加し、より魅力的な映像に仕上げることが編集者の仕事です。

編集ソフトを使いこなすスキルが必要になりますが、しっかり学習すればそれほど難易度は高くありません。

したがって、スキルよりアートに近いような、視聴者を魅力する感性を持っていると最適です。

音声スタッフ

映像にナレーションや効果音を入れるのが音声スタッフの仕事です。

編集者とともに映像を魅力的に仕上げていきます。

音声スタッフが自身の声を吹き込むこともあれば、声優などのプロに依頼する場合もあります。

»動画編集のやり方や仕事内容、メリット・デメリットについて解説!

映像制作に携わるには?

映像制作に携わるには?

ここまで映像制作の仕事の種類を解説してきました。

中には気になる仕事もあったのではないでしょうか。

そこで最後に、映像制作に携わる方法を2つご紹介します。

  • 映像制作業界へ転職する
  • スキルをつけて自分で仕事を獲る

それぞれ順番にご説明します。

映像制作業界へ転職する

まずは、映像制作業界へ転職する方法です。

映像制作に携わるのであれば、この方法が一番早いでしょう。

ただし、未経験から転職できる企業は少ないため、事前にしっかり企業をリサーチする必要があります。

また、未経験の場合、まずは雑務などが中心になる場合もあるため、転職後どのようなキャリアを積んでいけるのかを事前に確認しておきましょう。

スキルをつけて自分で仕事を獲る

編集スキルをつけて自分で仕事を獲っていく方法です。

ただし、基本は編集メインになってしまうため、映像制作全体に携わりたい場合は、編集者から徐々に他の仕事もこなせるようになっていく必要があります。

また、編集者として安定的に稼げるようになった後に、映像制作会社を設立するのも一つの手でしょう。

まとめ

本記事では、映像制作の仕事の種類について解説しました。

もう一度まとめておくと、映像制作には下記のような仕事があります。

  • 映像制作スタッフ
  • プロデューサー
  • ディレクター
  • AD(アシスタントディレクター)
  • 技術スタッフ
  • カメラマン
  • 編集者
  • 音声スタッフ

自分がやってみたい仕事があった場合は、映像制作の仕事に携わってみることを検討してみてはいかがでしょうか。

»映像制作なら株式会社CapWorks

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram