BLOG

2021.10.21

動画編集のやり方や仕事内容、メリット・デメリットについて解説!

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

動画編集の仕事をしてみたいけど、やり方や仕事内容など事前に理解した上で始めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。特に近年では、動画プラットフォームの普及や個人でも簡単に動画を撮れるため、動画編集をしてみたいという方も増えています。

そこで本記事では、動画制作会社である弊社が動画編集の仕事内容からおすすめの動画編集ソフトまで解説しました。

これから動画編集を始めてみたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

動画編集の仕事内容

動画編集の仕事内容

動画編集の仕事内容は、撮影した動画を加工したりBGMを挿入したりなどして、適切な見やすい形に編集することです。

  • YouTube
  • TikTok
  • Instagram
  • CM
  • プロモーション動画

上記のように、動画を掲載する媒体やプラットフォームによって、編集方法を変更し、視聴者に刺さりやすいような動画を制作していきます。

動画編集の基本的な流れ

動画編集の基本的な流れ

動画編集は、基本的に下記のような流れで進めていきます。

  • ①動画編集ソフトが入ったパソコンを用意する
  • ②動画編集ソフトに対象の動画をアップロードする
  • ③動画を編集する
  • ④BGMやテロップ等の装飾を付ける
  • ⑤編集後の動画を出力する

動画編集ソフトを使って実際に編集していきます。

BGMや挿入したい画像等がある場合は、サイト等でダウンロードして利用します。

»【無料】フリー動画素材サイト11選を紹介!

動画編集を仕事にするメリット

動画編集を仕事にするメリット

動画編集を仕事にするメリットは主に下記の2つです。

  • パソコン一台で仕事ができる
  • 得られるスキルの幅が大きい

動画編集は、基本的に動画編集ソフトが入ったパソコンがあれば、場所や時間を選ばずに仕事できます。そのため、一度スキルを身につけてしまえば、自由度が上がるスキルの1つと言えるでしょう。

また、動画編集ができると同時にグラフィックデザインや企画構成力、シナリオライティング、音楽への知見など、幅広いスキルを身につけれます。したがって、動画編集だけでなくその他の分野で活躍できる可能性も高くなります。

動画編集を仕事にするデメリット

動画編集を仕事にするデメリット

反対に、動画編集を仕事にするデメリットは、主に下記の2つです。

  • 身につけているスキルレベルによってクオリティに差が出やすい
  • 独自性や高いスキルが無いと、稼ぎづらい

動画編集は成果物が視覚的に分かりやすいため、スキル差が出やすい仕事と言えます。そのため、ある程度高いクオリティの動画を制作できないと、大きく稼ぐことは難しいでしょう。

また、凝ろうと思えばどこまでも凝れるため、「気づいたら時給が安くなってた」ということになる可能性もあります。

動画編集に向いている人の特徴

動画編集に向いている人の特徴

動画編集に向いている人は、下記のような人です。

  • 自分の作品を作るのが好きな人
  • 細かい作業が好きな人
  • 表現するのが好きな人

特に、動画編集では一つの作品を作り上げるイメージに近いため、アート作りなどが好きな人には向いている仕事です。

また、0.1秒単位でカットしたり、テロップを入れたりといった細かい作業も多いため、細かい作業が好きな人にも向いていると言えます。

動画編集を仕事にした場合の年収

動画編集を仕事にした場合の年収

動画編集を仕事にした場合の平均年収は、420万円ほどです。

給料分布が300万円〜850万円と幅広く、スキルやセンスによって年収アップが期待できます。

しかし、慣れてくるまでは、平均年収の420万円は確実に下回るということは理解しておきましょう。

動画編集を仕事にするためにすべきこと2つ

動画編集を仕事にするためにすべきこと2つ

動画編集を仕事にするためには、下記の2つのことを行いましょう。

  • 動画編集スキルを身につける
  • 動画編集に必要なアイテムを用意する

それぞれ順番にご説明します。

動画編集スキルを身につける

当たり前ですが、まずは動画編集スキルが必要です。

最低でも動画編集ソフトを使用して、下記の作業は問題なくできるようにしておきましょう。

  • カット
  • テロップ追加
  • BGM追加
  • 色調補正
  • サムネイル作成

また、上記に加えて画像加工のスキルも必要です。

Adobe IllustratorやPhotoshopの使い方は最低限マスターしておく必要があります。

動画編集に必要なアイテムを用意する

下記のアイテムは最低限用意しておく必要があります。

  • 問題なく動画編集できるスペックのパソコン
  • 動画編集ソフト
  • 画像加工ソフト

特に、全ての作業の基盤となるパソコンは、出来るだけ高スペックのパソコンを用意しておきましょう。また、MacやWindowsなど、OSについても検討しておく必要があります。

動画編集を行う前に知っておくべきこと

動画編集を行う前に知っておくべきこと

動画編集を行う前に、下記の2点については知っておきましょう。

  • 動画編集ソフトによって作り方が異なる
  • 動画編集はスマホよりパソコンで行うべき

それぞれ順番にご説明します。

動画編集ソフトによって作り方が異なる

動画編集ソフトによって動画の作り方が異なります。特に、機能面ではソフトによって備わっている機能も違うため、どのソフトが良いか見極めて自分に合ったソフトで編集をしていく必要があります。

それぞれの動画編集ソフトによって無料体験期間などがあるため、その期間を上手く使っていきましょう。

動画編集はスマホよりパソコンで行おう

現在では、スマホでもある程度動画編集できるアプリなども登場しています。しかし、動画編集を仕事にしていくのであれば、まだまだパソコンは必須です。

最終的な動画のクオリティだけを見ても、明らかにパソコンで編集した方が高いため、動画編集はスマホではなく、パソコンで行うようにしましょう。

動画編集におすすめのソフト3選

動画編集におすすめのソフト3選

最後に、おすすめの動画編集ソフトを3つご紹介します。下記の通りです。

  • PowerDirector
  • Adobe Premiere Pro
  • Final Cut Pro X

それぞれのソフトについて書くと長くなってしまうため、別記事にまとめました。

おすすめの動画編集ソフトについて詳しく知りたい方は、【初心者向け】動画編集ソフトおすすめ3選と選び方を解説!も合わせてご覧ください。

まとめ

本記事では、動画編集のやり方や仕事内容、メリット・デメリットについて解説しました。

動画編集を仕事にするには、ある程度高いクオリティで制作できる動画編集スキルが必須です。また、動画編集が向いている人や向いていない人なども分かれてくるため、まずは無料の動画編集ソフトを使って実際に動画を編集してみてください。

動画編集が「楽しい」と感じたら続ければ良いですし、「いまいち」と感じたら別の仕事を検討すればOKです。

まずは、実際に試してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram