BLOG

2022.5.5

映像制作をフリーランスに依頼して問題ない?4つのポイントを解説!

映像制作をフリーランスに依頼して本当に問題ないのかな」と考えている方は、多いのではないでしょうか。

特に、「フリーランスに依頼した方が安いけど、クオリティや信頼性が心配」と考えている人は多いでしょう。

そこで本記事では、映像制作をフリーランスに依頼する際のポイントや優秀なフリーランスの映像制作クリエイターを探す方法について解説しました。

これからフリーランスの映像制作クリエイターへの発注を考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

なお、フリーランスの映像制作者になるために必要なスキルについては、映像制作で必要なスキル8つと身につける方法について解説!をご覧ください。

フリーランスの映像制作者はどんな人?

フリーランスの映像制作者はどんな人?

フリーランスの映像制作者には、駆け出しの人から過去に映像制作会社に勤めていた人、TVディレクター経験者など様々です。

そのため、一言でフリーランスの映像製作者と言っても対象範囲は非常に幅広いと覚えておきましょう。

当然、経験豊富なフリーランスに依頼すると、単価は高くなる傾向にあります。反対に、駆け出しのフリーランスは、格安で依頼できる場合が多いです。

映像制作をフリーランスに依頼するメリット

映像制作をフリーランスに依頼するメリット

映像制作をフリーランスへ依頼する場合は、下記のようなメリットがあります。

  • コミュニケーションがスムーズ
  • 料金相場が安い

それぞれ順番にご説明します。

コミュニケーションがスムーズ

フリーランスは、会社内でのやり取りがなく、自分自身に決定権があるため、コミュニケーションがスムーズというメリットがあります。

打ち合わせの際も、できること・できないことがその場で判断できるため、制作や制作に取り掛かるまでの期間を短縮できるでしょう。

料金相場が安い

基本的にフリーランスの方が費用面は安くなります。

なぜなら、フリーランスの場合、基本的には1人で請け負っている場合が多いからです。

当然ですが、人数が少ないほど人件費がかからないため、料金が安くなります。

先述の通り単価が高い経験豊富なフリーランスの方もいます。しかし、そのような方が映像制作会社にいる場合は、その他の人件費もかかるため、さらに高額になるケースがほとんどです。

映像制作会社の料金相場

映像制作会社の料金相場は、20万円〜200万円ほどです。

企画内容や撮影スタッフの数によって料金が大きく変わってきます。

特に大規模な撮影になると、それだけスタッフの数が必要になるため、料金が高くなってしまいます。

フリーランスの料金相場

フリーランスの料金相場は、5万円〜100万円程度です。

フリーランスの場合は、基本的に1人で行うため、料金が安くなる傾向にあります。

映像制作をフリーランスに依頼するデメリット

映像制作をフリーランスに依頼するデメリット

映像制作をフリーランスに依頼するデメリットは、信用面で不安が残る点です。

フリーランスの場合、駆け出しの方や実績がそこまで無い方が多いのも事実です。

そのため、クオリティ面が低かったり連絡が滞ったりするケースもあります。

信用面に関しては、現状、映像制作会社の方が信用できるでしょう。

フリーランスに映像制作を依頼する際の4つのポイント

フリーランスに映像制作を依頼する際の4つのポイント

これまで、映像制作をフリーランスに依頼する際のメリット・デメリットなどを解説してきました。

ここでは、依頼する際の4つのポイントについて解説します。

  • 映像制作の目的・依頼内容を明確にしておく
  • 実績を確認する
  • ミーティングなどの際に信頼できそうな人か確認する
  • 運用まで依頼できるか確認する

それぞれ順番にご説明します。

映像制作の目的・依頼内容を明確にしておく

まずは、どのような目的で映像制作を行うのか、何を依頼したいのかを洗い出しましょう。

  • 企業の認知拡大
  • 商品・サービスの認知拡大
  • 商品・サービスのセールス

上記のように、映像制作と言ってもその目的は様々のはずです。

そのため、何のために映像制作を依頼したいのか、目的を事前に考えておきましょう。

これまでの実績を確認する

フリーランスの方のこれまでの実績を確認しておきましょう。

フリーランスの方は、ポートフォリオとして自身の実績をホームページなどに掲載しています。

実績を見ることで、「過去にどのような映像を制作したのか」「自社が制作したい映像に近いものはあるか」などを確認できます。

実績は、その方のスキルやクオリティの証明にもなるため、必ず確認しておきましょう。

ミーティングなどの際に信頼できそうな人か確認する

実際にミーティングなどを通して話した際に、信頼できそうな人か確認しておきましょう。

どれだけスキルや実績が優れていても、話してみて相性が合わなかったら良いものはできにくいです。

そのため、実際に話した際に話しやすいか、相性が良いかなどを確認しておきましょう。

映像制作後の運用

もし、制作した映像の運用などを考えているのであれば、マーケティングも精通したフリーランスに依頼する必要があります。

しかし、マーケティングに精通したフリーランスの映像制作者は少ないため、探すのが難しいでしょう。

そのため、映像制作後の運用も考えている場合は、映像制作会社への依頼も検討した方が良いでしょう。

また、運用費用を別途設けているフリーランスや映像制作会社も多いため、確認しておく必要があります。

優秀なフリーランスの映像制作者を探すには?

優秀なフリーランスの映像制作者を探すには?

優秀なフリーランスの映像制作者を探すには、基本的に下記の3つの方法があります。

  • 紹介・評判
  • クラウドソーシング
  • SNS

紹介や評判が良い映像制作者であれば、最初から信頼があるようなものなので、依頼しやすいでしょう。

しかし、クラウドソーシングやSNSなどで探す際は、最初に信頼できるかどうかから確認する必要があるため、手間や時間がかかる点は事前に理解しておきましょう。

映像制作会社とフリーランスを選ぶ基準

最後に、映像制作会社とフリーランスを選ぶ基準について解説しておきます。

動画の制作目的・依頼内容に合わせる

動画の制作目的や依頼内容が「とにかく素早く最低限のクオリティの映像を制作してほしい」ということであれば、フリーランスに依頼するのがおすすめです。

料金も安く、ある程度素早く納品してもらえるでしょう。

また、企画や構成を自社で考え、編集だけ依頼する場合も同様にフリーランスに依頼するのがおすすめです。

マーケティング視点を持っているかどうか

先述の通り、マーケティング的な視点が必要な映像制作では、映像制作会社に依頼した方が良いでしょう。

  • 映像を作ること
  • 映像をターゲットに確実に届けること

上記2つが目的の場合は、映像制作会社に依頼しましょう。

最後に:まずは相談してみるのがおすすめ

本記事では、フリーランスの映像制作について解説しました。

フリーランスへ依頼する際は、本記事で解説したメリットやデメリットなどをしっかり確認しておきましょう。

また、フリーランスか映像制作会社に依頼するか迷っているという場合は、一旦両方に相談してみましょう。

実際にフリーランスと映像制作会社と話してみることで、できること・できないことなど様々なことが見えてきます。

弊社でも映像制作の無料ご相談を承っております。

映像制作でお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。
»お問い合わせはこちら

     

人気記事

 

おすすめ記事

     

新着記事


月別アーカイブ

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram