BLOG

2021.12.29

動画SEOでやっておくべき対策6つと得られる効果2つを解説!

  • DATE
  • LOCATION
  • TYPE

動画SEOに取り組もうと考えているのではないでしょうか。特に、動画SEOを通して、集客アップや売り上げアップに繋げたいと考えている方は多いでしょう。

そこで本記事では、動画 SEOでやっておくべき対策や得られる効果、取り組む際の注意点について解説しました。

これから動画SEOに取り組もうと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

動画SEOとは?

動画SEOとは?

動画SEOとは、制作した動画をGoogleなどの検索エンジンに最適化させるための施策を表す言葉です。

VSEO(Video Search Engine Optimization)と呼ばれることもあります。

これまでは検索エンジンの結果で上位表示されるものはWebサイトがほとんどでしたが、近年では動画も上位表示されるようになっています。

そのため、動画SEOの重要性がますます大きくなってきています。

動画SEOの基礎知識

現在、動画SEOではYouTubeにアップロードした動画がGoogleの検索結果に表示されやすくなっています。

というのも、YouTubeはGoogleが提供しているサービスであるため、YouTubeに動画をアップロードすると、動画自体をGoogleに認識してもらいやすくなるからです。

また、そもそもYouTube自体の利用ユーザー数が多いため、YouTubeで動画を公開することで、認知獲得につながります。

動画SEOの実施によって得られる2つの効果

動画SEOの実施によって得られる2つの効果

動画SEOの実施によって得られる効果は主に下記の2つです。

  • 効果1:検索エンジンからの流入が見込めるようになる
  • 効果2:YouTube内での露出が増える

それぞれ順番にご説明します。

効果①: 検索エンジンからの流入が見込めるようになる

動画SEOの1番の効果は、検索エンジンからの流入が見込めるようになる点です。

動画SEOにより、検索エンジンで上位表示できれば、当然訪れるユーザーも増えます。

特に検索エンジンで検索するユーザーは何かしらの悩みやニーズを抱えている場合が多いため、その悩みやニーズを満たすようなコンテンツを投下できれば、自社商品の売上アップ等にもつながります。

検索キーワードによっては、月に数万回も検索されるようなものもあるため、それだけユーザーが訪れる可能性があります。

効果②:YouTube内での露出が増える

動画SEOがうまくいけば、Googleの検索エンジンだけでなく、YouTube内の検索エンジンでも上位表示できます。

また、品質が良く視聴維持率が高い動画は高品質な動画とみなされるため、YouTubeを視聴しているユーザーのおすすめ動画や関連動画に表示されやすくなります。

YouTubeは月間の利用者数が6,400万人を超える巨大なプラットフォームのため、大きな流入が見込めます。

動画SEOの効果に関しては、動画SEOの効果とは?成果を上げる方法6つも解説!でも解説しているため、さらに詳しく知りたいという方は、あわせてご覧ください。

絶対にやっておきたい動画SEO対策6つ

絶対にやっておきたい動画SEO対策6つ

ここまで、動画SEOの効果について解説してきました。

ここでは、動画SEOに関する具体的な対策を6つ解説していきます。下記の通りです。

  • 対策①:タイトルや概要欄にキーワードを含める
  • 対策②:視聴者を満足させる動画を作る
  • 対策③:視聴者の目を惹くサムネイルを用意する
  • 対策④:分析と改善を行う
  • 対策⑤:信頼性の高い動画を作る
  • 対策⑥:動画のクローラビリティを高める

それぞれ順番にご説明します。

対策①:タイトルや概要欄にキーワードを含める

動画のタイトルや概要欄にキーワードを含めておきましょう。

動画SEO対策になるだけでなく、ユーザーが見たときに自分の検索したキーワードがタイトルに入っていた方がクリックしやすくなります。

対策②:視聴者を満足させる動画を作る

基本的に視聴者を満足させる動画を作ることが最重要です。

なぜなら、Googleは下記のような高品質な動画の評価を高くする傾向があるからです。

  • 高評価数が多い
  • 再生回数が多い
  • 視聴維持率が高い

そのため、視聴者のお悩みやニーズを満たすような動画を制作しましょう。

対策③:視聴者の目を惹くサムネイルを用意する

Googleが評価する指標としてクリック率があります。

クリックされない動画より、クリックされる動画の方が当然評価が高いです。

そのため、視聴者の目を惹く動画のサムネイルを用意し、クリック率を高めることが重要です。

対策④:分析と改善を行う

どれだけ対策を施しても、その対策が効果があったのかどうか分析し、改善しないと意味はありません。

そのため、今回あげるような動画SEOの対策を行いつつ、分析と改善も行っていきましょう。

対策⑤:信頼性の高い動画を作る

信頼性の高い動画を制作しましょう。

なぜなら、信頼性が低いとGoogleの評価も下がりますし、ユーザーのニーズも満たせないからです。

そのため、信頼性の高い動画を制作するようにしましょう。

「監修」を載せておくなどもおすすめです。

対策⑥:動画のクローラビリティを高める

クローラビリティとは、Googleが検索エンジンに表示させるためにコンテンツ内容を把握することです。

クローラビリティを高めることで、Googleにコンテンツ内容を把握してもらいやすくなります。

動画のクローラビリティを高めるためには、下記のような方法がおすすめです。

  • 構造化データを活用する
  • 動画サイトマップを利用する
  • 動画の前後にテキスト情報を記述する

動画SEOに取り組む際の注意点3つ

動画SEOに取り組む際の注意点3つ

非常にメリットが大きい動画SEOですが、取り組む際にはいくつか注意点があります。

そこでここでは、動画SEOに取り組む際の注意点について解説します。下記の通りです。

  • 注意点①:動画が優遇されなくなる可能性がある
  • 注意点②:関連性の高い動画を埋め込む必要がある
  • 注意点③:動画SEOの効果を得るまで時間がかかる

それぞれ順番にご説明します。

注意点①:動画が優遇されなくなる可能性がある

現在、動画はSEOで優遇されていると言えます。

検索キーワードによっては動画のみ表示させる専用枠が用意されています。

しかし、Googleは常に検索アルゴリズムを変更しているため、動画が優遇されなくなる可能性も大いにあります。

そのため、動画SEOに取り組む場合はそのことを意識して取り組む必要があります。

注意点②:関連性の高い動画を埋め込む必要がある

動画SEOには、記事コンテンツ内に動画を埋め込んで上位表示を目指すという対策もあります。

しかし、いくら動画が優遇されているとは言え、どのような動画でも埋め込んで良いということはありません。

そのため、記事コンテンツ内に動画を埋め込む際は、記事内容と関連性の高い動画を埋め込む必要があります。

注意点③:効果を得られるようになるまでに時間がかかる

動画SEOも通常のコンテンツSEOと同じく、効果を得られるまで時間がかかります。

なぜなら、Googleから評価されるまでには基本的に期間がかかるからです。

たとえば、Googleの立場で考えれば、長い間ユーザーにとって価値がある情報を発信している方が、信頼性は高いでしょう。

そのため、動画SEOを始めたとしても効果が得られるようになるのは早くて3ヶ月後くらいになってしまいます。

まとめ

本記事では、動画SEOについて解説しました。

動画SEOを適切に行っていくことで、集客や売上アップにつながります。

本記事をしっかり読み、自社の動画SEOに活かしてみてはいかがでしょうか。

動画SEO対策なら株式会社CapWorksにお任せください

自社で動画SEOを行っていくのが難しい」という場合は、弊社にお任せください。

弊社では、今回ご紹介した動画SEOのように集客や売上アップにつながる動画SEOサービスを行っております。

具体的なサービス内容については、動画SEOで効果を上げる方法と成功事例2つ【サービス紹介】で詳しく解説していますので、動画SEOを行い、効率よく集客や売上アップに繋げていきたいと考えている方はぜひご覧ください。

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram