BLOG

2021.8.13

動画広告の制作ポイント5つと制作方法3つを解説!

  • DATE
    2021/08/13
  • LOCATION
  • TYPE

  • 「動画広告を制作する際のポイントが知りたい」
  • 「動画広告を制作方法や制作費用について知りたい」
  • 「動画広告を外注する際に確認するべきポイントについても知りたい」

このようなお悩みを解決する記事です。

これから更に盛り上がる動画市場に向けて、動画広告を制作しておきたいと考えているのではないでしょうか?

弊社でも、動画制作のお問い合わせが増えているため、動画市場が盛り上がっていることを感じております。

そこで本記事では、動画広告を制作する際の5つのポイントから外注するときに確認しておくべきことまで解説しました。

これから動画広告の制作を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

では、さっそく見ていきましょう!

動画広告を制作する際の3つのステップ

動画広告を制作する際の3つのステップ

まずは、実際に弊社が行っている動画広告を制作する際の3つのステップをご紹介します。

  • ステップ①:企画&シナリオ作成
  • ステップ②:動画制作
  • ステップ③:公開

順番にご説明します。

ステップ①:企画&シナリオ作成

まずは、動画広告の企画とシナリオを作成します。

  • ターゲット層
  • 動画広告の目的
  • 配信プラットフォーム
  • 配信タイミング

など、動画広告を制作するにあたって必要な情報を洗い出し、定めます。

また、実写かアニメーションかなどのテイストを決め、シナリオを作成します。

ステップ②:動画制作

実際に動画の撮影や編集、音声収録を行っていきます。

  • カット作業
  • テロップ追加
  • 効果音、BGM挿入
  • ナレーション追加

などの作業もステップ②で行います。

完成後は試写で動画全体を見直し、必要であれば再編集も行います。

ステップ③:公開

動画広告完成後は、目的にあった方法で動画を公開します。

公開して終わりではなく、

  • 再生回数
  • 再生時間
  • クリック数
  • クリック率
  • CV

などを確認し、必要に応じて改善していきます。

以上、動画広告を制作する3ステップでした。

実際はもっと細かい作業がありますが、ざっくりまとめると上記の3ステップになります。

目的別動画広告制作のポイント

目的別動画広告制作のポイント

広告の目的に応じて、動画制作のポイントが異なります。

そこで続いては、目的別の動画広告制作のポイントについて解説します。

  • ①サービス紹介用動画広告の場合
  • ②企業紹介動画広告の場合
  • ③プロモーション用動画広告の場合
  • ④ハウツー(How To)動画広告の場合
  • ⑤採用動画広告の場合

順番に解説します。

①サービス紹介用動画広告の場合

サービス紹介用動画広告は、得られるメリットを観た人に分かりやすく伝えることがポイントです。

例えば、下記は弊社が実際に構成から編集まで行ったサービス紹介用動画広告です。

サービスを使用することで得られるメリットと「なぜそのメリットが得られるか」という根拠まで動画内で解説しています。

また、ストーリー性を持たせることで、観た人が飽きないようにしています。

②企業紹介動画広告の場合

企業紹介動画の場合は、「認知拡大」に繋がるような施策を入れることがポイントです。

例えば、

  • 企業のロゴや名称を入れる
  • インパクトのある動画にする
  • 有名人やインフルエンサーを起用する

などが挙げられます。

特に現代はSNSの力は大きいため、バズる動画などは認知拡大に有効です。

③プロモーション用動画広告の場合

プロモーション用動画広告の場合は、具体的な設備やサービスを動画を通して魅力的に伝えることがポイントです。

例えば、画像や文章だけでは分かりづらい、実際に利用した際のイメージなどです。

また、専門用語や分かりづらい表現を避けることで、新規顧客の獲得に繋がります。

④ハウツー(How To)動画広告の場合

ハウツー(How To)動画の場合は、より視聴者目線に立って制作することがポイントです。

下記は実際に弊社で制作したレシピ動画です。

 

レシピ動画の場合は、視聴者が動画を止めて材料や作り方を確認することが多いため、1コマ1コマの時間を長めに取っています。

また、視聴者が実際に料理をするときの目線に合わせた動画にしています。

⑤採用動画広告の場合

採用動画広告の場合は、利用シーンを想定しておくことが重要です。

例えば、

  • SNS等で流す
  • 説明会の前に流す
  • 採用サイトに掲載する

などが挙げられます。

また、用途によってショートバージョンやロングバージョンの使い分けも必要です。

動画広告を制作する3つの方法

動画広告を制作する3つの方法

続いて、動画広告を制作する方法について解説します。

動画広告を制作するには、下記の3つの方法があります。

  • 自社で制作
  • 制作会社に依頼
  • クラウドソーシングで発注

順番に解説します。

自社で制作

1つ目の方法は、自社で制作する方法です。

撮影スキルや編集スキルを持った人が居れば、スマホですぐに撮影を始めることもできます。

メリット

  • 外注よりコストを抑えられる
  • すぐに制作に着手できる
  • 社内に動画制作のノウハウが溜まる

デメリット

  • 制作工数がかかる
  • 撮影機材や編集ソフトを揃える必要がある
  • クオリティが担保できない

制作費用

最低限の撮影機材や編集ソフト費用、人件費がかかります。

特に、動画撮影や編集に慣れた人がいない場合は、より制作工数がかかることになります。

制作会社に依頼

2つ目の方法は、制作会社に依頼する方法です。

費用はかかりますが、クオリティがしっかり担保されたものを納品してくれます。

メリット

  • クオリティが担保されている
  • 自社で制作するわけでは無いため、制作工数がかからない
  • 動画広告や動画制作に関するノウハウを活かして制作してくれる

デメリット

  • 制作コストが高い
  • 依頼先の制作会社と認識のずれが発生する可能性がある
  • スケジュールの柔軟性が低い

制作費用

企業や動画の長さなどによっても異なりますが、一般的に1本20万円〜150万円ほどで依頼できます。

弊社では、1本20万円〜お受けしております。
»弊社のサービス内容

クラウドソーシングで発注

3つ目の方法は、クラウドソーシングで発注する方法です。

クラウドソーシングとは、発注者がインターネットを介してアウトソーシング先を募り、仕事を依頼するというものです。

簡単に依頼できる反面、依頼者によってクオリティにムラがあるなどの特徴があります。

メリット

  • 制作コストを抑えられる
  • スケジュール調整が比較的柔軟
  • 様々な映像クリエイターがいる

デメリット

  • 依頼者によってクオリティが異なる
  • クラウドソーシングサイトなどを仲介する場合、手数料がかかる
  • 細かい要望が伝わりにくい

制作費用

1本10万円〜50万円で対応してくれる場合がほとんどです。

自社制作と外注はどちらで進めるべきか?

自社制作と外注はどちらで進めるべきか?

結論から言うと、どちらでもOKです。

なぜなら、最終的な成果物のクオリティが最重要だからです。

自社制作で高クオリティのものができるのであれば、自社制作で良いですし、外注の方がクオリティが高くなるのであれば、外注の方が良いです。

ただし、現状、自社内に動画広告制作の実績が無い場合は、外注の方が高クオリティのものをスピーディーに制作できるというメリットがあります。

したがって、より早く動画広告を配信したい場合は、外注の方が良いでしょう。

動画広告制作を外注するときに確認したい3つのポイント

動画広告制作を外注するときに確認したい3つのポイント

最後に、動画広告制作を外注するときに確認しておきたい3つのポイントについて解説します。

  • ①実績動画の確認
  • ②動画マーケティングへの精通度の確認
  • ③提案書・見積書の確認

順番に解説します。

①実績動画の確認

まず1つ目は、それぞれの制作会社の実績を確認しておくことが重要です。

なぜなら、実績を見ることで、その会社がどの程度のクオリティの動画を制作できるかが分かるからです。

各制作会社のホームページを確認すると、それぞれの会社の実績が掲載されています。

弊社でも下記のように実績を掲載しています。
»CapWorks実績

したがって、まずはそれぞれの制作会社の実績を確認し、どの程度のクオリティのものを制作してもらえるのかを確認しておきましょう。

②動画マーケティングへの精通度の確認

2つ目は、動画マーケティングへの精通度を確認しておく必要があります。

なぜなら、動画広告は運用も重要だからです。

動画広告はPDCAサイクルを回してより効果的な映像に仕上げていく必要があります。

自社で運用をするのであれば問題はないですが、動画広告の運用も任せる場合は動画マーケティングに精通している会社に依頼しましょう。

③提案書・見積書の確認

3つ目は、提案書と見積書を確認しておきましょう。

基本的に各制作会社では、無料相談や見積もりが可能です。

もちろん弊社でも相談、見積もりは無料です。
»CapWorks無料相談・お見積もり

したがって、まずは無料相談と見積もりを行い、

  • 費用
  • 制作期間
  • 運用まで可能かどうか

などを確認しておきましょう。

まとめ

以上、本記事では、動画広告を制作する際の5つのポイントから外注するときに確認しておくべきことまで解説しました。

自社で制作するにしても外注するにしても、1ヶ月程度かかる場合が多いため、早めに制作に取り掛かりましょう。

まずは自社制作か外注するかだけでも決めてしまいましょう。

動画広告の制作はCapWorksにお任せください

弊社でも動画広告の制作を承っております。

もちろん相談、お見積もりだけでも可能です。

動画制作会社についてや動画広告についてもより詳しくお話しできるため、ぜひお気軽にご相談ください。
»CapWorksお問い合わせ

 

 

月別アーカイブ

Contact

映像制作の依頼・お見積り・ご相談はCapWorksにお任せください。

メールでのお問い合わせ

24時間受付しております。

contact from

お電話でのお問い合わせ

       【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木

06-6606-9889

Instagram